女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月4日

【クリント・イーストウッド週間】 ダーティーハリー4(1983年) Dirty Harry 4: Sudden Impact (1983)

Pocket
LINEで送る

監督:クリント・イーストウッド/Director: Clint Eastwood
出演 クリント・イーストウッド、ソンドラ・ロック/Starring: Clint Eastwood‚ Sondra Locke

クリント、「ダーティーハリエッタ」を撮って

 なぜ「ダーティーハリー4」か、というとシリーズ全5作のうち、クリントが監督したのは「4」だけなのだ。本作はシリーズ最大のヒットとなり、台詞のひとつをレーガン大統領が演説に引用したくらいだ。悪党どもが押さえつけたヒロインを、助けに現れたハリーが逆光を背に、黒いシルエットとなって浮かび上がる。そんなシーンなど、他の監督だったらここまでクリントのナルシシズムを満足させられたかどうか、疑問だわね▼ストーリーはシリーズで最も猟奇的で暴力的だ。男たちがみな股間を撃たれて死亡する。ハリーは犯人がジェニファ・スペンサー(ソンドラ・ロック)という画家だとつきとめるが、ジェニファと妹は過去に集団暴行を受け、妹は植物状態になって病院にいる。姉はレイプした男たちを次々射殺していく。ロックは当時クリントの公私にわたるパートナーで12年間ともに暮らした。別れるとなって訴訟を起こし、裁判は「金額を公表しない」条件でクリントが慰謝料を払った▼この作品でロックは瞳の中にメラメラと炎が燃える、狂気の復讐鬼をクールに演じ、どっちかというとクリントのほうが食われていた。80年代とは、ジーナ・ローランズ(グロリア)、メリル・ストリープ(フランス軍中尉の女)、ウーピー・ゴールドバーグ(カラーパープル)、シガニー・ウイヴァー(エイリアン2)、グレン・クロース(危険な情事)らが毎年オスカー候補となった女優新時代である。それまで美徳とされた周囲に慮る女より、自分の意思を貫くことを優先する女が社会に迎えられる潮流を、クリントの本能はキャッチしていただろうか。していたと思うのだ▼ロックに演じさせた「ダーティーハリエッタ」―既成の概念に縛られない女の像―30年前にすでに脳裏にあったイメージを、クリントはもっと鮮明にするべきだ。彼は今やだれに気兼ねすることなく、撮りたい映画を撮れる地位を得、男たちの内面や、社会や体制の「ダーティー」を掘り下げてはきたが、知的でワイルドで、勇敢に自我を通す女の「ダーティー」にはまだ手をつけていないのである。「ヒア アフター」も悪くはないが、あの世のことを考えるヒマがあったら、クリント、いまこの世の「ダーティハリエッタ」を撮って。傲慢と孤独が絵になるのは男だけじゃないの。そしてそれを映画で証明したやつは、まだいないの。

Clint‚ please make Dirty Harrietta

Why Dirty Harry 4: Sudden Impact? Because of all the five films in the series‚ Clint directed number four. This one became the biggest hit in the series‚ to the extent that President Reagan used a line from the movie in his speech. The bad guys hold down the heroine when Harry appears to save her‚ with light behind him he emerges a black silhouette. Those kinds of scenes; if it had been another director‚ it is questionable whether they would be able to satisfy Clint’s narcissism.
The story is the most bizarre and violent of the series. The men all die of gunshot wounds to the groin. Harry identifies the killer as artist Jennifer Spencer (Sondra Locke). Jennifer and her younger sister are victims of a past gang rape‚ her sister is catatonic and hospitalised. One after the other Jennifer shoots dead the men who raped them. At the time‚ Locke lived publicly with Clint as his partner. When they split there was a lawsuit‚ and at the trial under the condition of “revealing all the money”‚ he paid palimony.
In this film‚ Locke’s eyes are fiery; she plays the crazed vengeful killer very cool‚ and if I had to say‚ she beats Clint. The eighties was a new era for actresses who were nominated for Oscars every year; Gena Rowlands (Gloria)‚ Meryl Streep (The French Lieutenant’s Woman)‚ Whoopi Goldberg (The Color Purple)‚ Sigourney Weaver (Aliens)‚ Glenn Close (Fatal Attraction). Until then‚ rather than women who consider their good surroundings‚ women who stick to their mind before all else were being welcomed by society; I wonder if this trend was picked up instinctively by Clint? I think so.
Locke was played as “Dirty Harrietta”- the image of a woman unable to be tied to preexisting notions - an image that more than 30 years ago Clint had in mind; he should have made it much more clear. Now‚ he has no hesitance‚ he is in the position of being able to shoot what he likes; the inner side of men‚ and he has unearthed the “dirty” on society and the establishment. Intelligent and wild‚ but he has yet touched the “dirty” of women who bravely show their egos.The film Hereafter was not bad‚ but if you have time to be thinking about that world‚ Clint‚ please make “Dirty Harrietta” of this world. Men aren’t the only ones that make images of arrogance and solitude. There still isn’t anybody who has proved that in film yet.

Pocket
LINEで送る