女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月5日

【クリント・イーストウッド週間】 タイトロープ (1984年) Tightrope (1984)

Pocket
LINEで送る

監督:リチャード・タッグル/Director: Richard Tuggle
出演 クリント・イーストウッド、ジェヌヴィエーヴ・ヴィジョルド/Starring: Clint Eastwood‚ Genevieve Bujold

それなりによかったわ、クリント

 見終わった、さて、どこを覚えているか、ひとつも記憶に浮かんでこんなあ、と言ってつまらない映画だったわけでもない、それなりに最後までみてしまったのだけど…という映画があるものだ。クリントの作品では「タイトロープ」がちょうどそれだった▼クリント好みのダークサイトな部分がよく出ていたとか、アクションと追っかけあいに終わらない、倒錯を掘り下げた刑事物だったとか、さかんにいい批評もあったのだけど白けたわね。芭蕉に駄句多し。いくらクリント贔屓だとしてもそこまでゴマすらなくていいだろ。つまらない作品もたまにはあるのがホントだと言ってやれよ▼どういう理由でこの映画が頼りなかったのかといえば、たとえばこういうところよ。ニューオリンズの夜の街、むせるようなジャズ、たちこめるタバコのけむり、酒場、娼家、殺人現場、手錠、ネクタイ、絞殺、疲れた刑事、やもめの父、やさしい娘、殺人鬼の魔手がその娘に伸びる、といういくつかの単語で解説できてしまうのね▼刑事が捜査を進めるうちに犯人と自分を重ねる、シンクロして自分の心の暗部に気づく、心があっちへひっぱられ、こっちへひっぱられ、その緊張が「タイトロープ」(綱引き)だというのでしょうけど、そんな刑事がいたら「どんならん」のが普通の感覚じゃないの。いちばん物足りないのは、殺人犯の悪を産み出す心の部分に、深く入り込めていないこと。ダークサイトを掘り下げるなら、ここをもっと描ききってくれないと、観客誘導が薄っぺらになるでしょう。それに何ですって? レイプ相談所の女性所長(ジェヌヴィエーヴ・ビジョルド)に相談して、あっさり悩みから解放されるなんて、できすぎじゃなかろうか▼ビジョルドは「1000日のアン」でリチャード・バートンを向こうに回し、バートンとともにオスカー男優女優主演賞にノミネートされた演技派だ。どちらかというと目立たない女優だから、クリントはOKだったかもしれないけど、「マディソン郡の橋」でメリル・ストリープを選んだのは、「あいつは大物とは組まない」が風評被害になるかもしれないと察知したのかも。ともあれそれなりに楽しかったわ、ありがとう、クリント。

Clint‚ that was pretty good

So I’ve finished watching‚ well‚ what can I remember? Nothing comes to mind‚ but that is not because it is a boring movie‚ I did actually watch it through to the end; there are movies like that. In Clint’s films‚ this one is just like that.
There were many parts of Clint’s preferred “dark side”‚ no end to the action and chase‚ a detective that delves into perversion‚ and it was showered with reviews‚ but I was unamused. There are many poor poems in Basho. It doesn’t matter how much Clint is favoured‚ they shouldn’t go that far to flatter him. If a movie is boring‚ occasionally just go ahead and tell it like it is.
Here is why this movie was unreliable; for example‚ these points: the New Orleans city at night‚ a suffocating-like jazz‚ a fog of cigarette smoke‚ bars‚ a brothel‚ homicide crime scenes‚ handcuffs‚ a necktie‚ strangulation‚ a tired detective‚ a father who is a widower‚ kind daughters‚ the evil of the killer that reaches out for the daughters- with several words I can explain my reasoning.
As the investigation continues‚ the detective finds that he is overlapping the killer; he realises that the dark side of his heart is synchronised‚ he is being pulled this way and that- this tension is probably the title Tightrope‚ but if that kind of detective existed‚ wouldn’t “it can’t be helped” would be the normal feeling? The most lacking part is that within the dark part of his heart that the killer has created‚ it is hardly penetrated. If you’re going to delve into the dark side‚ if you don’t illustrate that well enough‚ the guidance of the audience will weaken. And what’s that? If you talk with the female rape centre manager (Genevieve Bujold)‚ you will be easily freed of your problems? Come on‚ that’s a bit too much.
In Anne of the Thousand Days‚ Bujold is turned by Richard Burton‚ and with him they were both nominated as performers for Best Male Lead and Best Female Lead Oscars. If anything‚ because she is an actress that doesn’t stand out‚ that might be why Clint gave her the OK. The reason for choosing Meryl Streep in The Bridges of Madison County was that “She can’t work with big stars”. Perhaps he inferred that there would be damage caused by rumours. Anyway‚ that was pretty good‚ thanks‚ Clint.

Pocket
LINEで送る