女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月6日

【クリント・イーストウッド週間】 ブロンコ・ビリー(1980年) Bronco Billy (1980)

Pocket
LINEで送る

監督:クリント・イーストウッド/Director: Clint Eastwood
出演 クリント・イーストウッド、ソンドラ・ロック/Starring: Clint Eastwood‚ Sondra Locke

クリントのコンセプト

 クリントは自作のなかで、この映画が大好きだというのだ。理由は「こぢんまりしているから」。歴史物やスペクタクルやSFに関心を示さず、暴力と殺人のミステリアスな主人公以外に、ブロンコ・ビリーのようなテーマが好きだとは、ちょっと意外かもしれないが、「こぢんまり」というのが、彼の映画製作の基本であると考えればうなずける▼「ブロンコ・ビリー」は興行的に成功とはいえなかった。タイミングが悪かった。同じ年「スターウォーズ帝国の逆襲」が映画界を席巻した。特殊撮影と冒険絵巻物の、クリントのまったく手が出ない分野で大ヒットが作られた。ちょっとはショックだったろうか。そうでもなかった。後年この作品を「楽しかった」と言っているのも、負け惜しみだけではないようだった▼主人公ビリーには素朴な信念がある。彼はもと靴のセールスマン。妻が親友と寝ているところをみつけ、妻を撃ち7年間服役する。刑務所で知り合った仲間と「ビリー一座」を立ち上げ旅から旅に巡業する。子供の手本であることを願い、仲間を信じ(お前なんかクビだ、でていけ、とすぐ言うが)自分に再出発のチャンスを与えてくれた、祖国アメリカを愛する▼この哲学のもと、彼と一座はありとあらゆる困難を乗り越えていくのだ。ある意味スターウォーズより信じがたい世界かもしれないのに、でもこの映画にはどこか人をひきつけるものがある。ノスタルジアを感じさせるものがある。田舎の風景にも人物にも、考え方にも、人を素直にさせるものがある▼クリントが「こぢんまり」といったのは、採算のあう映画作りだけのことではなく(もちろんそれが大前提だが)、少人数のコミュニティのような、息も肌もあい、自分の手の中におさまるツーカーの仕事をさしている。コッポラの超大作「地獄の黙示録」のオファをクリントは断った。得意のワンマンショーが演じられない。それもある。しかし「熱帯のロケに2年間拘束される」ことががまんできなかったというのだ。本音だろう▼彼が自ら設定する「こじんまり」という枠組みは、クリント・イーストウッドが自分の才能を発揮する、重要なコンセプトなのだ。後期の傑作群はみな、この狭く深いコンセプトから発信されていく。クリントは自分の限界をよく知っていた。広大な無限界のなかで途方にくれ、無為に立ちつくすより、明らかな限界の中ではっきりした意思のもと、のびのびと動くほうが仕事も人生も元がとれると、たぶんわかっているのだ。

Clint’s concept

Of Clint’s self-produced films‚ he is said to have loved this one. The reason is because it is “compact”. It doesn’t show interest in anything historical‚ or spectacles or science fiction; to say that you like a theme like Billy Bronco other than violence and the mysterious killer’s character might be a little surprising‚ but you have to agree that the basis of his film production is “compact”.
It cannot be said that Bronco Billy was a success financially. The timing was bad. In the same year‚ Starwars: The Empire Strikes Back swept over the film world. Special effects and picture scrolls of adventure; a big hit was made in a field beyond Clint’s reach. Was it a bit of a shock? Not actually. In the following year he recalled this film as “fun”‚ and that didn’t appear to be his excuse.
Protagonist Billy has plain beliefs. He used to be a shoes salesman. He shot his wife after catching her sleeping with his best friend‚ and served seven years in prison for it. He starts up “Billy Bronco’s Wild West Show” with friends that he met in prison‚ and they go on tour. Wishing to be a model for children‚ he believes in his friends (“You’re fired‚ get out!”is what is usually said) and loves his motherland America for giving him a second start at life.
Under this philosophy‚ Billy and his troupe overcome every kind of obstacle. In a way‚ it might be a world that is harder to believe than Star Wars‚ but somewhere in this movie there is something that attracts people. There is something that gives us a sense of nostalgia. In the countryside‚ the people‚ their way of thinking‚ there is something that affects people.
When Clint said “compact”‚ it wasn’t just about making a profitable movie (although it is the main premise)‚ he was making something like a small community‚ compatible‚ a tacit work that can be contained in the hand. Clint turned down an offer for Coppola’s big hit Apocalypse Now. He couldn’t perform his one-man show. There is also that point. However‚ “I’d be stuck on location in the rainforest for two years”; this is something that he couldn’t put up with‚ and it was likely the truth‚ too.
The framework of “compact” that he sets himself is an important concept in which Clint Eastwood can display his abilities. The masterpieces of his later years are all from this deep and narrow concept. Clint fully knew his limits. Rather than being at a loss in the vast limitlessness and standing around idle‚ within clear limits and under a distinct mind‚ to move about freely pays for itself in work and in life. I think he understands that.

Pocket
LINEで送る