女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月7日

【クリント・イーストウッド週間】 ピンク・キャデラック(1989年) Pink Cadillac (1989)

Pocket
LINEで送る

監督:バディ・バン・ホーン/Director: Buddy Van Horn
出演 クリント・イーストウッド、バーナデッド・ピータース/Starring: Clint Eastwood‚ Bernadette Peters

クリントの長い低迷期 

 1990年にクリントは60歳、還暦を迎える。その前後にどんな映画を撮り、出演していたか。「バード」(88)「ダーティハリー5」(同)「ピンク・キャデラック」(89)「ホワイトハンター ブラックハート」(90)「ルーキー」(同)である▼共通項はみなコケたこと。不入りで締めくくる「クリント・イーストウッド週間」になったが、でもいいわけするわけではないが、1990年前後というのは、彼の「これぞクリント」という映画は1本もない。理由は、まあ長年のソンドラ・ロックとの仲がこじれて、私生活がトラブル続きだったこともあるが、やはり年齢でしょうね。60歳つまり俳優人生の総括に入ってもいい年になったが、映画会社は元のとれるシリーズものや、若者受けするルーキーもの、あるいはコメディタッチをおしつけて、その気になれないままクリントは長い低迷期に入った▼そう思えば「ピンク・キャデラック」の別の側面がわかる。ホントに軽いアクション・コメディなのだ。まるで、人間ドツボにはまっているときでも、仕事とは、軽々と、淡々とこうこなさなくちゃいかんのだ、といわんばかりだ。大きな赤い鼻をつけたピエロ、金のラメ入りジャケットにオールバックの呼び込み屋、姿形・声色まで変えたクリントの、変装オンパレードのほかに…本来こういう話なのです▼保釈金を奪って逃げた女・ルー(バーナデッド・ピータース)を追う、賞金稼ぎのトム(クリント・イーストウッド)は、ルーをつかまえたものの、背後にうごめく狂信的人種差別組織「純血団」の存在を知る。しかもルーと夫は彼らに狙われ、8カ月の赤ん坊が人質にとられたのだ。山の中で射撃の訓練をし、ときどき山から下りてきては酒場で暴れる、正体不明の連中とトムはどうわたりあうのか▼赤ん坊の救出と脱出劇は、ピンクのキャデラックと汚い車のカーチェイスになるのだが、湿った葉で淹れた紅茶みたいで、とても切れ味鋭いとはいえない。ぶつぶつ言っても仕方ない。ハッピーエンドだけ書いて終わりにしよう。トムとルーは、夫婦になって探偵事務所を開くことにする。名前は「トム&ルーがいいわ。ルー&トムでもいいかな」好きなようにしてくれ。近いうち「クリント・イーストウッド週間・後編」を掲載します。クリントの映画人生の結実です。

Clint’s long and stagnant period

In 1990 Clint turned 60 years old. What kind of movies did he take and appear in around this time? Bird (1988)‚ Dirty Harry 5 (same year)‚ Pink Cadillac (1989)‚ White Hunter Black Heart (1990) and The Rookie (same year).
It is common for people to stumble. This wraps up the poor attendance of the Clint Eastwood Week‚ and I am not making excuses but the period around the 1990s did not feature one real “Clint” movie. This is because
things were souring in his relationship of many years with Sondra Locke‚ and although there were problems in his personal life‚ I expect it was because of his age. 60 years old; an age where he could even be recapping on his life in acting. Film companies were paying for themselves with film series‚ and “rookie” films with young actors‚ or pressing for films with touches of comedy. Clint‚ without changing‚ entered a long and stagnant period.
When I think of it‚ Pink Cadillac has a different side to it. It really is light action-comedy. It’s as if‚ even when stuck in a state of profound human sadness‚ work must be done plainly and carelessly. A clown with a big red nose‚ a barker in a gold jacket with long swept back hair‚ right through to the Clint’s change in appearance and voice- apart from this dress-up on parade‚ here is how the original story goes:
Fleeing after stealing her bail-bond is Lou (Bernadette Peters). She is pursued by bounty hunter Tom (Clint Eastwood)‚ and although she is caught he learns of the fanatic racial discrimination group (white supremacist group) crawling in the background. Lou and her husband are targeted by the group and their eight month baby is taken hostage. They practice shooting in the mountains‚ occasionally coming down and causing trouble at the bar; how will Tom deal with this unknown group?
The rescue of the baby and the escape becomes a car chase with the pink cadillac and a dirty car. Like tea made with damp leaves‚ we cannot say that it is clear-cut. We can’t help complaining. I’ll write about the happy ending and be done with this. Tom and Lou marry and start their own detective agency. The name is “Tom and Lou is good. Lou and Tom is good too.” Do as you like. In the near future I will run Clint Eastwood Week Two. It is the fruition of Clint’s film life.

Pocket
LINEで送る