女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2014年10月22日

テレビでも紹介された おもしろmy印鑑 ねこのはんこ ニャン鑑 大人気です!

Pocket
LINEで送る

株式会社 城山博文堂

押した後に楽しめる 自分だけのオリジナル判子はいかが?

 文房具の販売や印鑑の制作、名刺印刷などを取り扱っている株式会社城山博文堂。同社では年に2、3種類、面白いオリジナル印鑑を作り上げています。
 例えば、自身の誕生花を名前の横などにあしらった『誕生花はんこ』、音譜や楽器などが名前とともに押せる『音楽はんこ』など、ユニークでありながら実際に使うことができ、使用者から『宅配便が来た時、判子を押したら配達員に二度見された』といった声もあるのだそうです。
 そんなオリジナル判子の中でも、現在人気なのが『ねこのはんこ ニャン鑑』。製作も手がけている同社代表取締役の城山謙一さんによると「他の判子を作っている際、ふと、文字が動物に見えたんです」。そこで、ご自身の名前の一部を猫にしてみたところ、見事にはまったのだとか。「その後、20種類くらいの名前で試作して、商品化に至りました」。

 人偏(にんべん)のように1匹の猫で描ける場合もあれば、顔など猫の一部を使用する文字も。注文者とメールでやりとりし、意向を確認して作り上げていきます。
 「文字全てを猫にしてほしい、といったご注文を頂くことがあるのですが、シャチハタであれば大きさは直径9mm、2文字の苗字だと1文字4mmくらいなので、難しいんですね。ですから、その方の希望とすり合わせながら、製作していきます」。


 ニャン鑑の使用者からは『名前の一部が猫なので(他のオリジナル判子と違い)これなら仕事で使用できます』といった声もあり、プレゼント用に購入する人も多いのだとか。すでに1500件を越す注文を受けているそうで「思った以上にお客様から反響を頂いて、正直、少し戸惑っていますが(同商品は)普通の判子ではなく、控えめでありながらオリジナリティがあります。一般的な判子ですと『押しておしまい』ですが、押した後も、見て、楽しんで頂ければと思っています」。
 なお『ねこのはんこ ニャン鑑』は同社のサイト『おもしろMY印鑑』で注文が可能。印鑑タイプ(朱肉で捺印)は5‚120円から、シャチハタタイプ(浸透院)は3‚950円から。詳しくは同サイトを参照のこと。

受注数が多いため、一時注文をストップすることがあります

Pocket
LINEで送る