女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2014年11月9日

日本最古のケーブルカー乗って美味しいタイムスリップ 宝山寺のご縁日のみ開店【古空間カフェ 茶店たからや】

Pocket
LINEで送る

茶店 たからや
生駒市門前町

100年の歴史を感じる空間でまったりお茶を

 さて、日本最古の営業用ケーブルカーはどこにあるかご存知ですか? 実は、奈良県生駒山、宝山寺に参拝する足として大正7年(1918年)に「鳥居前駅」から「宝山寺駅」間が開通したのが最初です。今では、動物を模した「ミケ」「ブル」など、ユニークな車両が走っていることでも有名となりました。そんな歴史ある乗り物に乗って、歴史ある建物でお茶を飲む…そんなノスタルジックな時間を楽しんでみませんか?

 古民家の再利用が人気の昨今、ちょっと変わった経歴を持つのが宝山寺の門前町にある「たからや」。このケーブルができた約100年前から旅館を営み、約40年前に茶粥や煮麺、抹茶などを出す茶店へと形態を変えました。その際、建物の材木を再利用して茅葺きの茶店とお茶室が建てられましたが、先代が亡くなったのを気に5年ほど前から店は閉められていました。
 しかし、ここには100年もの歴史があります。タイムスリップさせてくれる茅葺きの建物もあります。このままではもったいない…そう考えた現店主が、少し改装して、おいしいコーヒーやケーキ、抹茶をいただける茶店にリニューアルオープンしたのです。そこで過ごすティータイムは、あわただしい日常を忘れさせてくれる特別な時間。ゆったりとした気分で心を開放し、まったりとリラックスできると口コミで評判になっています。

宝山寺ご縁日の日限定、5時間だけのチャンス

 「そんなカフェなら今すぐにでも行きたい!」と思った方、少々お待ちを。ここは、宝山寺ご縁日の毎月1日・16日のみ、10時~15時しか開いていません。月たった2回、5時間だけのタイムスリップのチャンス…。
 隣接するお茶室も1日1万円(応相談)で借りることができます。お問い合わせは開店している時に来店して直接、となります。そんなアナログな感じもまた風流かも。焦らず、のんびりと、おいしいひと時を過ごす計画を立てませんか?

Pocket
LINEで送る