女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2014年11月11日

静を守る都心で今秋始動!免震タワーレジデンス 「(仮称)OSAKA高層邸宅プロジェクト」

Pocket
LINEで送る

関電不動産株式会社

都の静域に誕生する、免震タワーレジデンス

 関電不動産株式会社による、大阪市北区エリアでは11年ぶりとなる大型タワーマンション「(仮称)OSAKA高層邸宅プロジェクト」が11月上旬よりいよいよ始動! 大阪・梅田エリア約1.5km圏の都心、歴史ある同心の地の閑静な立地であるだけでなく、“住んでいるだけでECO”をコンセプトに独自の次世代スマート住宅“新「イー・リズム」”を本格導入、分譲マンションでは関西初の長期優良住宅&低炭素住宅認定W取得(手続き中)など、機能性の高さでも反響を呼んでいます。

省エネ性能を強化。年間最大約18万円の水道光熱費削減!

 「イー・リズム」は平成24年11月に関電不動産とパナソニック、ケイ・オプティコムの3社のコラボレーションで実現した「ムリのない省エネ」。それを、特に低酸素社会実現に貢献すべくハード・ソフトの両面を深化させたのが、新「イー・リズム」です。今回のプロジェクトでは前述の3社に、野村不動産、大林組、浅井謙建築研究所を加えた6社コラボレーションの上、新「イー・リズム」を本格導入することで、省エネ・空気環境等を徹底的に追求し、おトク・快適・安心が揃った生活スタイルを叶えてくれるのです。たとえば、水道光熱費・CO2削減をさらに向上することで、最大で年間約18万円の削減が可能に! それでいて、夏涼しく冬暖かい快適な生活環境を整え、健康増進につながる住空間が維持できるのは嬉しい限り。
 また、「全回路見える化・エコナビ」システム、省エネ応援サービス「エコ得チャレンジ」、ヒートポンプ浴室乾燥機、トリプルナノイーなど、タワーマンション関西初のシステムを多数搭載しました。耐震・耐久性が高く、永く安心して居住できる「100年住宅」である点も魅力。「長期優良住宅」であり「低炭素住宅」でもあることで、金利優遇、ローン控除等税制優遇も受けられるというおトクなメリットもあります。
 このビッグプロジェクト、次世代のスマート住宅は11月上旬販売開始予定。動向から目が離せません!

Pocket
LINEで送る