女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2011年9月16日

KAIの異文化交流日記 Vol.4

Escalators

In Japan people either walk up or stand still on escalators. Which side they stand on varies‚ but there is always one side of standing and one side for walking up (except rush hour).

In my city‚ Perth‚ we don’t have any rules. Generally‚ like with road rules‚ people overtake them on the right side. Of course‚ they can stand on the right side if they want to- it doesn’t matter. Sometimes‚ people stand in all different places. If you want to pass them‚ you must walk on both sides‚ like a backwards slalom ski course.

I usually walk up escalators. Some people believe that escalators are designed for moving you quickly‚ other people believe that escalators are to give you a rest from climbing stairs. What do you think?

「エスカレーター」

日本では、人はエスカレーターを歩くか、片一方の側に立つか、している。(右でも左でも)どっちの側でもいいが、ラッシュ時を除き、いつも片側を歩き、もう片側が立つほうだ。
僕の故郷、パース市ではそういうルールはない。一般に、車道の規則のように人は「キープ レフト」して、右側を「追い越し」用にしている。もちろん、そうしたいのであれば右側に立つこともできるし、それはいっこうに差し支えない。ときどき変わった人がいて、本来立つべきでない位置に立つ人もいる。彼らを追い越していこうとすれば、スキーの回転競技コースのように、両側のサイドをくねくね回って進まなくてはいけないね。
僕はいつもエスカレーターを歩く。ある人は、エスカレーターは素早く動けるように(早く歩けるように)設計されていると言い、ある人は階段を上がることから休息を与えるためにあると言う。あなたはどう思いますか?