女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

コラム

2015年12月18日

年賀状を出したのに喪中はがきが届いたら?
詫び状、寒中見舞いの書き方・文例

Pocket
LINEで送る

手紙の書き方 詫び状・寒中見舞い

お詫びとお悔やみを伝えましょう

年賀状の準備を終えた方も多いでしょう。でも、投函しホッとしたところに喪中ハガキが届いてしまうことも…。さて、こんな時はどうしたらいいのでしょう。
喪中と知らず年賀状を出してしまうこと、喪中なのに年賀状を受け取ることはマナー違反ではありませんが、行き違いで年賀状を出してしまったこと、お悔やみが遅くなったことの非礼のお詫びとお悔やみの書状を出すことをお勧めします。喪中はがきを受け取っていたにも関わらず宛名データの未処理などでうっかり年賀状を出してしまった、という場合も同様です。年内に電話やはがきなどでお詫びの連絡を入れると、相手に「喪中ハガキを送らなかったかな?」という余計な心配を与えず丁寧です。
この場合は時候の挨拶は省き、まずは自分の非礼をお詫びする言葉を書きます。松が明けた後(1月7日過ぎ)に寒中見舞いを出すのもいいでしょう。

 

 

詫び状・寒中見舞いの文例

亡きご○○様のご服喪中とも存じ上げずに
お年始状を差し上げてしまい、大変失礼いたしました。
ご家族様はさぞお力落としの事とお察しいたします。
心からお悔み申し上げるとともに
ご○○様のご冥福をお祈り申し上げます。

 

このたびは○○様がご逝去と承り、驚いております。
ご家族の皆様はお寂しくご越年のこととお察しいたします。
そうとは知らずお年始状を差し上げてしまい、失礼いたしました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
時節柄、どうぞ御身大切にお過ごしください。

 

 

寒中お見舞い申し上げます。
○○様がご逝去されたと存じ上げなかったとはいえ、
新年のご挨拶を申し上げ失礼いたしました。
遅ればせながら、哀悼の意を表します。
寒さ厳しい折、皆様お風邪など召されませんようご自愛くださいませ。

 

 

Pocket
LINEで送る