女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

超手抜きクッキング

2016年1月4日

旬のお手軽・簡単・おいしいダイエットレシピ七草粥&烏龍茶粥 お正月太りに効果あり!?

Pocket
LINEで送る

旬のお手軽・簡単レシピ
七草粥&烏龍茶粥

不足しがちな栄養を青菜で補おう!

1月7日は七草粥を食べる、という方も多いでしょう。「人日の節句」(七草の節句)として五節句の一つとされ、無病息災を祈って、春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)を入れて炊いた粥を食べるようになりました。
お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、不足しがちな青菜の栄養補給を促す意味もあるようです。

 

 

お手軽・簡単レシピ 七草粥の作り方

七草はセットになってスーパーなどで売られているものを使うと便利。本来は7種類の若菜であることから、この「春の七草」に限らず、ネギ、ホウレンソウ、ミツバなどお好きな野菜で作ってもOKです。
1. 研いだお米1合と1リットルの水を鍋に入れ、30分ほどつけておく。
2. ふたをして強火にかけ、沸騰したら弱火にしてふたをずらし、お米が柔らかくなるまで40~60分炊く。
3.細かく刻んだ七草を入れ、七草に火が通ったら塩で味を調え、少し蒸らす。
七草1パックにつきお米1合でご紹介しましたが、お好みで分量は加減してください。土鍋で炊くとおいしく、さらにそのまま食卓に出しても風情が出ます。

脂肪燃焼に烏龍茶ポリフェノール! 烏龍茶粥の作り方

お正月太りが気になる方は、こちらもオススメ! 脂肪燃焼パワーで注目の烏龍茶ポリフェノールをお粥でいただいちゃいましょう。烏龍茶ポリフェノールには体脂肪を減らしたり、美肌効果もあるのだとか。食滞気味でもすっきり、あっさりいただけて、生姜も入れるので体もホコホコ! 年末年始に食べ過ぎた、という方は1月7日の七草粥のみならず、こちらもお試しください。
1. お米(1カップ)は研いで水気を切っておく。水菜(50g)は2~3cm長さに切っておく。
2. 鍋にお米と烏龍茶(8カップ)、塩(小さじ1強)を入れ火にかけ、煮立ったら弱火にして、40分ほどコトコト炊く。
3. 2に乾燥わかめ(大さじ2)とすりおろしたしょうが(1片分)を加え、続いて水菜を入れたら、水菜がシャキシャキのうちに火を止める。

 

年末年始に疲れた胃腸は早い目にいたわってあげましょう。優しい食事で、健康で美しい2016年をスタートさせましょう!

 

 

Pocket
LINEで送る