女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2015年1月12日

関西初上陸!LEGO(レゴ)の魅力を満喫! レゴランド・ディスカバリー・センター大阪 天保山に今春オープン

Pocket
LINEで送る

レゴランド・ディスカバリー・センター

起工式・模擬体験イベント「マスター・ビルダー・ワークショップ」開催

 家族向けのエンターテイメントサービスなどを手掛ける「マリーン・エンタテイメンツ・ジャパン」(本社:東京都千代田区、以下・マリーン社)はこのほど、今春、天保山マーケットプレース(大阪市港区)にオープンする「レゴランド・ディスカバリー・センター大阪」(以下・LDC大阪)の起工式を行いました。
 LDC大阪は、ブロック玩具「レゴブロック」をテーマにした屋内型アミューズメントパークで、国内では平成23(2013)年にオープンした「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」(東京都港区)に次いで2施設目。3~10歳の子どもとその家族をメインターゲットに、ライド型シューティングゲーム「キングダム・クエスト」や「4Dシネマ」などのアトラクションのほか、大阪の名所をレゴで再現した「ミニランド」、カフェテリアなどが開設されます。

 起工式では、マリーン社のジェネラルマネージャーであるエドウィン大村・LDC大阪代表が、「レゴの作品づくりを通じて世界観を学び、遊びを体感していただきたい」とあいさつ。隣接する海遊館の大木勝・専務取締役は3年にわたった誘致活動の経緯を語り、今後は開館25周年を迎える海遊館との二本柱でさらにエリアを盛り上げていきたいと期待を述べました。
 会場には、世界で12名しか認定されておらず、国内では唯一のマスター・ビルダー、大澤よしひろさんが手掛けた海遊館やジンベエザメを展示。起工式後には、近隣の築港保育園(大阪市港区)の園児45人を招いて人気アトラクション「マスター・ビルダー・ワークショップ」の模擬体験イベントも行われました。
 LDC大阪の延べ面積は、天保山マーケットプレース内の全テナントの約3割にあたる3000平方メートル。マリーン社はオープンに合わせ、LDC大阪の専属レゴ職人を決める「マスタービルダーコンテスト」を開催する予定で、1月15日(木)からフェイスブック公式ファンページで出場者を募集します。

Pocket
LINEで送る