女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集「ナンセンスは素敵だ」

2015年1月17日

特集 ナンセンスは素敵だ エマニュエル 愛欲のチベット (1993年 恋愛映画)

Pocket
LINEで送る

監督 フランシス・ルノワ
出演 シルヴィア・クリステル/マルセラ・ワレンシュテイン

さよならシルヴィア・クリステル 

 いったい「エマニュエル」は何作つくられたのだろう。シルヴィア・クリステルと本作に出演のマルセラ・ワレンシュテインが共演する「ご当地エマニュエル」ともいえる数本がある。本作の「チベット」もその1本に数えていいかもしれない。「アムステルダムの追憶」「ベニスの欲情」「背徳の欲情」「マンハッタンの背徳」。日本では「東京エマニュエル夫人」まで作られた。最初のエマニュエルと本作しかみていないからなんともいえないが、少なくとも本作はナンセンスを通り越して荒唐無稽に近い▼美しい女性が飛行機内で隣り合った初老の男性にエマニュエルだと名乗り、自分の体験した愛と性の物語を話しだす。その男性は20年前バンコクで新婚そうそうのエマニュエルに性のてほどきをしたマリオだった。マリオはエマニュエルだと聞いても信じない。彼女はひとつも年をとっておらず、当時より美しい。自分の知っているエマニュエルの娘か姪かとマリオは念を押す。でも彼女は正真正銘のエマニュエルだった。彼女によれば、人生の闇をさまよっていたところ、チベットで出会った宗匠から永遠の生命を手にいれる者として選ばれた。そればかりか、あらゆる女性の姿に変身できる、思い通りの姿になれる秘薬を与えられた。精神を解き放ち、心のままに動けばよく、他人の運命を支配することさえできる…▼その鍵を握る人がいて、彼に出会うために飛行機に乗ったとエマニュエルは話し続ける。マリオはようやく半信半疑になってくる。「あなたとは20年前にバンコクで会った。自分自身を探しだそうとわたしはもがいていた」そうはみえなかったけどエマニュエルにしたら模索の時期だったにちがいない。「あなたはすべてを学べとわたしに言った。男になど惑わされるなと」なんだかこっちまで「エマニュエル夫人」に逆行しそう。そういえばいちいち七面倒臭いこと言っていたおじいさんがいたわね。結句エマニュエルがなにを指導されたかといわれると乱交パーティのあげくの輪姦だったという、インチキ爺さんだったわよ。ところがエマニュエルはそう思っていない。「わたしはバンコクで本当の愛に目覚めた。旅の目的は心の底から愛しあえる男を探すこと」で、いつかチベットに戻りたいが、帰る前に真実を確かめたいのだ…意味わかる?▼マリオはあきらかにうろたえるが、まだ正気を失っていない。どう考えてもエマニュエルにしては若すぎると主張する。うっすら笑った美女は席を立ちトイレに消える。もどってきたのはマルセラ・ワレンシュテインではなく、シルヴィア・クリステルである。シルヴィアは40歳。しっとりした中年の美人になり、ふくよかな落ち着きがただよっている。手品のような様変わりにマリオはわけがわからない。エマニュエルがいうにはこれこそチベットの秘薬による秘伝変身術なのである。で彼女が行く先々で体験した性の冒険をひもとく。シルヴィアはもっぱら座席に座ってお話する役で、実際のセックスシーンはマルセルが受け持つ▼もうこのへんで投げ出したくなる。そりゃマア、劇中次々、なまめかしいマッサージの施術やら、秘密の館みたいなところでの性の秘技やら、手を変え、品を変えシーンは入れ替わるのだけど、結局は大同小異なの。シルヴィアは「エマニュエル夫人」(1974)だけで辞められなかったのなら「続エマニュエル夫人」「さよならエマニュエル夫人」せめて「エマニュエル」(1984)で終わっておくべきだったと思う。「エマニュエル夫人」一作だけでシルヴィアは映画史に残る女優なのである。ハリウッドにも進出し、アラン・ドロンとも共演したが、彼女が記憶の女優となったのはエマニュエルによってだった。考えようによれば、デビュー後20数年にわたって「エマニュエル」だけで生きてこられたキャラはすごいが、映画ビジネスで生き残る、ある種のえげつなさはシルヴィアにはなかったと思う。女優それもトップを維持する女優など、ふつうの神経ではおれないにちがいない。ハリウッドの女優などドレスを着たオッサンだとだれか言っていたがアタリだろう。繊細にして傲岸、傲岸にして無垢、無垢にしてデカダンス。それが自然にできるタマでしか女優はつとまるまい。シルヴィアは2012年60歳で没した。早かったかもしれないがそんなことはない。最初のエマニュエルが去ったときシルヴィアも去っていたのだ。こんな意味のないエマニュエルの映画などもう必要ない。さよならシルヴィア・クリステル、最高だったエマニュエルとともに眠るのがいい。

Pocket
LINEで送る