女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2015年3月17日

ステキ!陽気!南紀で元気! 春を告げる「ひろめ」に舌つづみ

Pocket
LINEで送る

祝!赤ちゃんパンダ誕生 
~パンダに会う、旬を味わう! 和歌山 南紀で春満喫旅~ Vol.1

地元で愛され続けた春の味覚

 陽春の訪れとともに、華やかな活気に満ちる和歌山・南紀。旬の海産物・新スイーツ、そして双子の赤ちゃんパンダが誕生したアドベンチャーワールドと、話題と魅力たっぷりの春満喫旅に出かけました!
 

食材本来の磯の香りを楽しんで

 人気の「ひとはめ定食」(1‚600円・税別〈以下同〉)は、旬の刺身に野菜の炊き合わせ・茶碗蒸しなどがセットになってボリューム満点。特製だしに「ひろめ」を浸して、しゃぶしゃぶのようにしていただく鍋(定食とのセット2‚000円)は、山海の美味を心ゆくまで堪能できます。
 グツグツと湯気を上げるだしに箸でとった「ひろめ」を浸すと、一瞬にして茶褐色が鮮やかなグリーンに。地元ではポン酢につけて食べることが多いそうですが、同店では磯の香りを損なわないよう、だしと「ひろめ」本来の風味だけで味わうことをおすすめしています。
 ほかにも、紀州特産の梅を使った梅肉を混ぜ芯にエビを巻いた「梅ひろめ寿司」(600円)や、ヘルシーな「ひとはめサラダ巻き寿司」(800円・吸物付き)も好評です。

vol.2ではプレミアム新スイーツを、vol.3では昨年12月に生まれた双子のパンダ姉妹をご紹介します。

Pocket
LINEで送る