女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2015年3月22日

花粉シーズン真っ盛り! 鼻水・鼻づまりを今すぐ抑える方法とは?

Pocket
LINEで送る

鼻をかむ以外になんとかしたい

荒れてヒリヒリ…。鼻をかむ以外になんとかしたいあなたへ!

 この時期、ティッシュが手放せない、すぐゴミ箱がいっぱいになる、鼻をかみすぎて肌がヒリヒリしている…と鼻水・鼻づまりにお悩みの方も多いでしょう。そこで、「鼻をかむ」以外になんとか防ぐことはできないか、徹底リサーチ! あなたにあった対処法が見つかりますように。

鼻水・鼻づまりを抑える方法

1. 手のツボを押す
親指と人差し指の骨の付け根の合わさったV字になっている所のツボ(合谷)を、もう片方の人差し指と親指ではさんで適度な力で揉みます。鼻水・鼻づまりのみならず、目のかゆみや充血、顔のむくみ、頭痛など、花粉に悩まされがちな症状のうち、首から上の全般に対処できる万能のツボなので、ぜひ覚えておいてください。

2. 鼻のツボを押す
小鼻のクボミにあるツボ(迎香)を押します。犬歯の付け根あたりで、即効性があるのでスッと鼻が通る場所を探ってみましょう。

3. 首のツボを押す
首を前に倒した時、首(後ろ側)と背中の付け根に飛び出る骨の下にあるツボ(大椎)を押します。押しにくい場合は、カイロやドライヤーなどで温めてもOK。

4. 水を少し口に含む
口にほんの少しだけ水を含み、数分そのままでいます。最後は飲み込んでOK。意外と効果があると密かに話題!?

5. 息を止めて頭を振る
深く息を吸い、ゆっくり吐き切ったら、鼻を軽くつまんで頭を上下にゆっくりと動かします。息が苦しくなるまで繰り返します。こちらも効果的とネットで話題のようです。

 ご自宅はもちろん、職場や学校でもできそうな方法を5つご紹介しました。吸い込まないよう防ぐことが一番ですが、「症状が出ないほど完璧」な予防はなかなか難しいのが現実です。すぐできる簡単な対処法を知っておけば、いざと言うとき役立つかもしれませんよ。ぜひお試しを!

Pocket
LINEで送る