女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2011年8月1日

患者と同じ目線のハートフル・ワーク

Pocket
LINEで送る

小国 英昭さん
あさひ美容外科総院長

笑顔のドクター、あさひ美容外科・小国英昭総院長に聞く

平成元年に大阪梅田で開院してから20数年、あさひ美容外科の小国総院長はその温厚な人柄で多くの人々の精神的不安や悩みを払拭してきた。
「私自身、常に患者様のそばで考える医師でありたいと思っているんです。そのためにも、患者様とのコミュニケーションを最も大切にしています。心と心のつながり、相互の信頼関係、そこから全てが始まると思うのです。患者様は長い間悩み抜き、必死の思いでクリニックの門を叩くわけです。自分の中の“壁”を乗り越えるために、勇気を振り絞って来院されるのです。その勇気を笑顔にするために、お手伝いがしたい。勇気があれば人は変われると証明したいんです」
ハートフルな治療で定評のある総院長は、手術を受ける側の気持ちを経験しようと、自らも若返り手術を受けたと言う。
「開院以来、5万人以上の若返り治療を行ってきました。そして今回、初めて自分が受けてみたんです。ほうれい線に『アクアミド』を、エラの張りに『ボトックス』を注入したのですが、メスを使わずわずか10分ほどの施術で周りからも『痩せた?』と言われました。やっぱり嬉しいものですね。さらに、患者様の不安を和らげるのに役立てばと、タルミ取りのフェイスリフト手術を受けました。鏡を見ても若々しく顔が小さくなったように感じます。そして、何より自信がわくんです。患者様の笑顔が術後に輝きを増す理由がわかりました。見た目だけじゃなく気持ちまで変わるからなんですね。今後も患者様と同じ目線でコミュニケーションを大切にしていきたいです」と総院長。
患者の心に寄り添い、同じ目線で道を開く…ここには“勇気”を無駄にしない扉が用意されている。

Pocket
LINEで送る