女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2015年5月27日

新しい環境で人間関係を構築友達の作り方「会話が苦手」でもできる6ステップ

Pocket
LINEで送る

「友達がいない」「友達ができない…」という方へ

「自分には友達ができない」と決めつけないで!

新生活がスタートし、学業や仕事を覚えるのはもちろん、新たな環境での人間関係を構築することも重要となってきます。

 

実は今の世の中、友達がいない、友達が少ない、友達の作り方がわからない、と悩んでいる方が多いようです。「周りの人とはテキトーにつきあっていればいい」「友達なんかいらない」「独りでも困らない」「独りが好き」-本当にそうでしょうか? これらは単なる“強がり”で、「本当は友達がほしい。でも自分には友達ができないから…」と諦めているケースが少なくありません。一緒に盛り上がったり、相談に乗ってもらったり、友達と一緒なら楽しいことは倍に、苦しいことは半分になるかもしれませんよ。友達を作るのが苦手な方も、引っ込み思案の方も、実は簡単に作れるんです! 友達作りの6ステップをご紹介します。

 

引っ込み思案でも大丈夫! 無理のない友達作り

1. イメージしてみよう!
友達がいない、友達作りが苦手という方は、「自分と合う人」を見つけるのも苦手なのでは?まずは、どういう人となら心地よく楽しく過ごせるのか、イメージしてみましょう。そんな人が周りにいないか、アンテナを張ってみてください。

 

2. まずは挨拶から!
「友達」になる・ならないにかかわらず、「挨拶」は人付き合いの基本です。話すのが苦手な方でも、挨拶ならできるでしょう? 挨拶をする時の表情は、ニッコリ笑顔で! 好印象を持ってもらうことも重要です。

 

3. 話しかけやすい空気を作ろう!
自分からは積極的に話しかけられない…という方は、相手から話しかけてもらえばいいのです。普段、「独りでいいんです!」オーラ満開の「話しかけづらい人」になっていませんか? とりあえず話の輪のメンバーとして加わり、ニコニコ頷くことから始めましょう。「へ~」「スゴ~イ」と言う感嘆の言葉から、少し慣れてきたら「それで?」「どうなったの?」と話を促す言葉を発し、自分が得意な話題にはコメントを挟むようにしてはどうでしょう? ムリに話さなくては!と思うと、友達作りに挫折してしまいます。慣れながら言葉数を少しずつ増やしていきましょう。

 

4. 誘いにはなるべく応じよう!
自分から誘えるようになるのが一番ですが、とりあえず誘ってもらった時はなるべく応じるようにしましょう。食事の席だと学校や職場では出ないような話題もあがったりして、引っ込み思案のあなたでも話そうと思えるチャンスがあるかもしれません。また、その人たちの普段とは違う側面も見え、親近感を抱けるかも!

 

5. 共通点を見つけよう
そうやって話を耳にするうちに、いろんな人とのいろんな共通点が見えてきます。趣味・習い事・故郷・好きな食べ物や好きなお店、好きなアーティスト、好きな作家…何かが見つかるはずです。「●●さんって、××を習っているんだって?」などと話しかけるきっかけにしてもいいですし、もしその勇気がないというのなら、話題が出た時に「私も」と一言だけ言ってみてください。それをきっかけに話が弾むはずです。たとえあなたが話すことが苦手でも、興味のあること、好きなことなら意外とスラスラ話せてしまいますよ。最初から共通点のある習い事の教室から友達を作るのもいいですね。

 

6. 弱点もさらけだそう
少しずつ話せるようになったら、自分の失敗や弱点、欠点も話してみましょう。勇気はいるかもしれませんが、心を許してくれているんだ、と相手も距離を縮めてくれるでしょう。また、その弱点を補おうと力を貸してくれるかもしれません。信頼関係を築くことで、相談をしたりされたりの関係へと発展させられます。「知人」ではなく「友達」を作るには、無理な背伸びはやめること…これは、関係を長続きさせるためにも、重要です。

友達作りに諦めも焦りも禁物です。少しずつ距離を縮めて行けばいいのです。これらを参考に、自分のやりやすい方法で、マイペースで友達作りに挑戦してください。

 

新年度スタート。あなたに素敵な友達がたくさんできますように!

 

Pocket
LINEで送る