女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月9日

マルタの鷹(1941年) The Maltese Falcon (1941)

Pocket
LINEで送る

監督:ジョン・ヒューストン/Director: John Huston
出演 ハンフリー・ボガード、メアリ・アスター/Starring: Humphrey Bogart‚ Mary Astor

ハードボイルドの傑作 ボギーで大ヒット

 10年の間隔をおき同じ監督と同じ主演男優で撮られた映画が二作ある。「マルタの鷹」と「アフリカの女王」だ。「マルタの鷹」はボガード42歳の男盛りだった。どっちも監督はジョン・ヒューストンである。まあ順を追ってみていこう。原作はハードボイルドの名作、ダシール・ハメットの同名小説だ。それまで二度映画化されていたがひとつもヒットしなかった。ところがこれは原作に忠実な主人公私立探偵サム・スペード(ハンフリー・ボガード)のキャラ、テキパキした筋運び、ボガードの厳しい演技で大ヒットし、1940年代を代表する映画となった▼ストーリーは始めからとんがっている。サム・スペードの事務所を訪れた美人・オショーネシー(メアリ・アスター)の家出人探しという依頼は真っ赤なウソで、サムの相棒マイルズが殺され、マイルズの妻と関係していたサムに容疑がかかる。本当の目的はマルタ騎士団にからむ秘宝「マルタの鷹」という彫刻を探し出すことだったが、鷹は見つかったものの取り分を巡って男三人が殺され、しかも鷹は鉛の偽物だった。サムは殺人に関係した連中を通報し、マイルズ射殺の実行犯であるオショーネシーを、彼女の懇願を無視、容赦なく警察へ突き出す▼なぜ彼女が殺害犯とわかったのか。「マイルズは欠点もあったが、ケツのポケットピストルをぶちこんだまま撃たれるようなやつじゃない。銃を抜かなかったのは抜く必要のない相手だったからだ。君がそこにいたのだろう」さらに眉も動かさずに言う「ただの相棒じゃないかって? 相棒を殺されて黙っていたら男じゃない。そんなやつは探偵じゃない。出てくるのにざっと20年か。20年たったら会おう。死刑が執行されたなら祈ってやる」。鷹を手にとったサムの秘書が「重いのね」「欲望が詰まっているのさ」▼きまりすぎてちょっとイヤミなくらいだが、ボガードがギロリとにらみつけながら、ドスのきいた声でバシバシいうと、不思議とイヤミじゃないのだ。ちょうど歌舞伎で見栄を切る、あの呼吸に似ているのです。ボガードは予定されていなかったが急遽代役で出演し、出世作となった。もし断っていたら「カサブランカ」も「アフリカの女王」もなかったですね。「カサブランカ」もいいですが、ボギーの男臭さ満開という点では、やっぱり「マルタの鷹」じゃないですか。

A hard-boiled masterpiece Bogart’s big hit

There are two works over a ten year period that feature the same director and lead actor. The Maltese Falcon and The African Queen. Humphrey Bogart was in his masculine prime at 42 years old in The Maltest Falcon. The director of both was John Huston. Let’s trace the sequence of events: It is a hard-boiled masterpiece‚ of the same name as Dashiell Hammet’s novel. Until then‚ it had been made into a movie twice‚ although neither did well. However‚ this one was true to the character of the original protagonist‚ private investigator Sam Spade (Humphrey Bogart)‚ had a brisk plot‚ and Bogart’s difficult performance made it a big hit‚ becoming the representative film of the 1940s.
The story is sharp from the beginning. A missing person’s case brought to Sam Spade’s detective agency by femme-fatale Brigid O’Shaughnessy (Mary Astor) turns out to be a flat lie‚ getting Sam’s partner Miles killed and suspicion placed on Sam‚ who is involved with Miles’ wife. The real objective is to seek out the Templar Knights of Malta’s secret treasure‚ the Maltese Falcon sculpture. Although the sculpture is found‚ three men are killed surrounding its division‚ and it turns out that it was actually a lead fake. Sam alerts those involved in the murders‚ and O’Shaughnessy who was the one behind Miles shooting death‚ is taken mercilessly to the police by Sam‚ ignoring her pleas.
How did he know that she was behind the crime? “Miles had his faults‚ but he wasn’t the type of guy to be shot without drawing his pistol from his pockets. That’s because there wasn’t a need to draw it. You were there‚ weren’t you?”He continues without batting an eyelid‚ “He wasn’t just a normal partner? I wouldn’t be a man to keep quiet with my partner murdered. That kind of man isn’t a detective. So you come out in about 20 years. In 20 years let’s meet. If you get the death penalty‚ I’ll pray for you.” Sam’s secretary‚ who is holding the Falcon says “It’s heavy” to which he replies “It’s filled with desire”.
Although it seems annoyingly cliche‚ a glaring Bogart talks in a menacing voice; mysteriously‚ it isn’t sarcastic. Just like striking an impressive pose in Kabuki‚ it is similar to that kind of breathing. Bogart didn’t plan it‚ but performing as an understudy this work became his breakthrough film. If he had turned it down‚ then there would be no Casablanca‚ or The African Queen. Casablanca is good‚ but in terms of the fully-fledged masculinity of Bogart‚ it just has to be The Maltese Falcon.

Pocket
LINEで送る