女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月12日

シーラ号の謎(1973年) The Last of Sheila (1973)

Pocket
LINEで送る

監督:ハーバート・ロス /Director: Herbert Ross
出演 本文に含む/Starring: (included in text)

多彩な出演者 ふくそうする謎解き

 大物映画プロデューサー・クリントン(ジェームズ・コバーン)は妻が轢逃げされた1年後、自慢の大型ヨット「シーラ号」に6人を招待する。脚本家のトム(リチャード・ベンジャミン)、その妻リー(ジューン・ハケット)、映画監督のフィリップ(ジェームズ・メーソン)、女優アリス(ラクエル・ウェルチ)と夫(イアン・マクシェーン)、芸能プロの経営者クリスティン(ダイアン・キャノン)だ▼轢逃げ犯人を捜すクリントンの復讐劇か、と思うとそうでもないらしい。ふうん。いぶかりながらみていると、退屈する寸前に進展があり、いよいよ落着かと先が見えると次の事件が起こり、犯人がわかったぞ、というところからまた事件は起こる、だいいちクリントンは中盤であっさり殺されちゃうしね。二重、三重に入り組んでいるのですよ▼このややこしことの好きな性格。パーキンスそのままだと思わない? そう。脚本がスティーブン・ソンドハイムとアンソニー・パーキンスなのです。ソンドハイムがウェストサード物語の作詞で脚光をあびたのは弱冠27歳。「ローマで起こった奇妙な出来事」では作詞作曲を担当し名をあげた。パーキンスは言わずもがな「サイコ」の性格俳優です。彼がなにを思って脚本に着手したのか知らないけど、この脚本にはけっこうダークサイトがある▼招待客はみな落ちぶれた二流、三流の客ばかりで秘密をもっている。過去の万引犯とか幼児性愛の持ち主とかが、ドラマの進行に従って暴かれていく。クリントンは妻を愛していたどころか、葬儀の帰りはベガスに直行。犯人に感謝こそすれ、復讐する気なんかさらさらない。では何をしたいのか。殺した可能性がある落ち目の6人を呼んで、いびってやろうという魂胆なのが脚本の意図なのだ。イヤミな人ね、あなたたちって▼犯人は妻の遺産を狙ったトムであるが、リチャード・ベンジャミンは監督に進出した。センスのいい作品もある。代表作はこれ「シティヒート」だろう。クリント・イーストウッドとバート・レイノルズ主演の大コケ映画。失敗は監督より脚本とキャスティングにあった。大物スターのどっちにもいいカッコさせるため、脚本が複雑になり迫力が出せなかった。クリントは二度とこの失敗を繰り返さなかった。スターの相乗りという点では、大いに困難が予想された本作だったが、まとめあげた監督の腕は立派だ。

A diverse cast Convergent riddle solving

One year after the hit-and-run death of his wife‚ movie producer Clinton (James Coburn) invites six friends to his luxury yacht. Screenwriter Tom (Richard Benjamin)‚ his wife Lee (Joan Hackett)‚ director Philip (James Mason)‚ actress Alice (Raquel Welch)‚ her husband Anthony (Ian McShane)‚ and talent-manager Christine (Dyan Cannon).
In what appears to be Clinton’s vengeful play at searching for the culprit‚ in fact‚ it isn’t so. Hmph. As you yawn and watch‚ just before reaching boredom there is a development‚ and just when you think there is calm ahead‚ something else happens; firstly‚ Clinton is killed in the middle. Things become slightly complex and then even more intricate.
A personality that loves this complexity. Isn’t that just Perkins all over? That’s right‚ this was written by Stephen Sondheim and Anthony Perkins. Sondheim got into the limelight for his lyrics in the West Side Story at about 27 years old. He made a name for himself by writing and composing in A Funny Thing Happened on the Way to the Forum. Perkins is of course the character actor in Psycho. I don’t know what he thought when he took on the script‚ but it does have quite a dark side to it.
The invited guests are all second or third rate‚ and all hold their own secrets. As the drama continues‚ their pasts are exposed: a shoplifter‚ pedophile‚ and so on. Whether Clinton loved his wife or not‚ he went straight to Las Vegas on his return from her funeral. In perhaps gratitude to the killer‚ there isn’t the slightest hint of revenge. So what is it that he wants to do? He calls the six people who may have killed his wife to tease‚ that is the secret design of the plot. You guys are wicked‚ you know that.
The killer is Tom‚ who was after his wife’s inheritance. Richard Benjamin advanced to director. He also has works of good sense. His representative work is probably City Heat. Clint Eastwood and Burt Reynolds starred in this big flop. Its failure was in the script and casting‚ rather than directing. To be able to make the two big stars look cool‚ the script became complicated and didn’t give the film enough punch. Clint didn’t repeat this failure. In the point of pooling stars‚ this film was expected to have large difficulties‚ but the skill of the director who brought it all together was brilliant.

Pocket
LINEで送る