女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2015年6月7日

3年に2回の違反で講習義務! 無視すれば罰金! 改正道路交通法 自転車のルールを再確認しよう!

Pocket
LINEで送る

改正道路交通法
自転車のルール

講習義務化。無視すれば5万円以下の罰金

 改正道路交通法が、6月1日から施行されています。悪質な自転車の運転者に対して安全講習の受講を義務づけられるようになりました。今まで気にせず行っていた行為が違反の対象になるかもしれません。さて、あなたは自転車で守るべきルールをちゃんと理解していますか? 改正道路交通法では信号無視や酒酔い運転など計14項目の違反を「危険行為」と定め、3年以内に2回以上「危険行為」が摘発された14歳以上の違反者は、自転車運転者講習の受講が義務付けられています。講習手数料5‚700円は自分で支払わなければなりません。もし命令を無視して3カ月以内に講習を受講しない場合は、裁判所へ呼び出され、5万円以下の罰金が科されます。

危険項目に指定された14つの行為とは?

信号無視
通行禁止道路の通行
自転車の通行が認められている歩行者用道路での歩行者妨害
歩道通行や車道の右側通行(通行区分違反)
路側帯での歩行者の通行妨害
遮断踏切への立ち入り
左方車優先妨害・優先道路車妨害
右折時、直進車や左折車への通行妨害
環状交差点安全進行義務違反
指定場所一時不停止(一旦止まって足を地面につけなければならない)
歩道での歩行者妨害
制動装置(ブレーキ)不備の自転車の運転
酒酔い運転
安全運転義務違反(歩行者に危険なスピードでの走行、夜の無灯火走行、傘さし運転など)
の14項目です。

 道路の左側を通行しなくてはならない、歩道がある道路では原則車道を走らなくてはならない、「自転車は除く」という条件がついていない一方通行道路は逆走してはいけない、携帯電話やイヤホンで音楽を聞く等のいわゆる「ながら運転」をしてはいけない、など巷でよく見かける光景も対象となっています。
 近年、自転車の違反による大事故が多発しています。命を守るためにも、今一度、自転車のルールを見直しましょう。

Pocket
LINEで送る