女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2015年6月14日

気になる梅雨の洗濯 部屋干し対策 ~ニオイを防ぐ6つのポイント~

Pocket
LINEで送る

部屋干しの生乾きのニオイ、その正体とは?

部屋干しの生乾きのニオイ、その正体とは?

 梅雨時は雨の日が多く、室内に洗濯物を干すご家庭も多いでしょう。部屋干しではなかなかカラッと洗濯物が乾かないため、生乾きのような不快な臭いが気になります。そのイノイの原因は、洗濯物についた雑菌! 部屋干しのニオイを防ぐには「雑菌を増殖させない」「雑菌を必要以上に付けない」ように気を付ける必要があります。そこで、今回はニオイを防ぐためのポイントを6つ、ご紹介しましょう。

部屋干しのニオイを防ぐ6つのポイント

・洗濯するまでの衣服も通気よく
脱いでから洗濯までの間、湿った洗濯機や通気性の悪い入れ物に放置するのは危険です。メッシュになった通気性のよいカゴを利用しましょう。

・洗濯物をためない
今度晴れた日にまとめて…と汚れた衣服を溜めていませんか? 放置している間に菌が繁殖しニオイの原因になります。早く乾かすためにも、1回の洗濯の量を少なくしましょう。

・洗濯機を掃除する
洗濯機はいつ掃除しましたか? 洗濯機が汚れていては、洗濯しても衣類はキレイになりません。洗濯槽の裏はもちろん、柔軟剤の投入口やごみ取りネットの差込口なども掃除しておくようにしましょう。

・洗剤や柔軟剤を入れすぎない
ニオイ対策にとたくさん洗剤や柔軟剤を入れすぎるのは、逆効果です。溶けきらなかった洗剤の残りかすが衣類や洗濯機の中に残ったり、大量の柔軟剤で乾きにくくなったりして、雑菌やカビが繁殖、ニオイの元となってしまうのです。くれぐれも「適量」で!

・洗濯できたらすぐに干す
洗濯が完了したら、できるだけ素早く干しましょう。洗濯機の中は湿気がこもり、密閉されているため、時間の経過とともに雑菌が増殖します。この中に放置することで、洗濯物に付着し、ニオイの原因となってしまいます。

・壁際、窓際には干さない
カーテンレールなどにつるす人がいますが、壁やカーテンは思った以上に汚れています。湿った洗濯物が触れることで汚れが付着し、ニオイの原因になります。また、カーテンが湿気てカビを発生しやすくなります。

 雑菌がつくことを防いだら、増殖の予防も重要。そのためにも、「早く乾かす」ことが一番です。「 梅雨の洗濯 部屋干し対策 ~早く乾かす7つのポイント~ 」と併せてご参考になさってくださいね。

Pocket
LINEで送る