女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集「B級映画に愛をこめて」

2015年6月27日

特集「B級映画に愛を込めて」アニバサリーの夜に(2001年 ドキュメント映画)

Pocket
LINEで送る

監督 アラン・カミング/ジェニファー・ジェイソン・リー
出演 アラン・カミング/ジェニファー・ジェイソン・リー/ケヴィン・クライン/ジェニファー・ビールス/グウィネス・パルトロー

バカ犬、もっと早く戻れ

実はそうじゃないのだけど、ドキュメントとでも呼ぶしかない「お身内の映画」なのよ。映画女優のサリー(ジェニファー・ジェイソン・リー)と作家のジョー(アラン・カミング)は結婚6年目の記念パーティにそれぞれの友人たちを招くことにした、パーティが始まる朝から翌日の朝まで24時間を描く映画だ。到着する客や交わされる会話、お祝いのプレゼント、出演者がけっこう豪華なわりに映画はなんの変化もないシーンが続く。カミングとジェイソン・リーは実際の自分たちの友人を想定して脚本を起こしたというから、みな等身大もいいところだ。複数のデジタルカメラを使い、わずか19日で撮影した。リーはかつて出演した「キング・イズ・アライブ」の手法からこの映画を思いついたのだという▼そういえばずいぶんつまらない映画だったわねえ、あれも。運転手と10人の観光客をのせたバスが砂漠で立ち往生し、サバイバルする映画よ。救援隊がくるまで「リア王」をやろうとだれかが言い出し「やろう、やろう」となって役がふりあてられる。リーは娼婦の役をやって確か死んじゃったわ。ドグマ95による人間の真実追求型映画ね。だったら死にかけているときに「リア王」なんてだれがやるのよ。そう思うのがふつうなのに、うかうか乗せられたことを深く反省した映画だったわ。この映画も同じ穴のなんとかね。「キング・イズ~」はまだ暑苦しい砂漠の熱風が伝わってくるくらいのリアリティはあったけど。この映画の演技合戦はお身内同士のおしゃべりに終始する。これを自然な演技っていうのでしょうか(笑)。夫婦役で出るケヴィン・クラインとファビー・ケイツは実生活でも夫婦だし、連れてくる子供も実子。ファビーとジェイソン・リーは私生活で親友だ。隣家の夫婦の妻を演じるミナ・ベイディはジェイソン・リーの義姉だ。ジョーの元カノのジーナのジェニファー・ビールスは本作の5年後「Lの世界」で再びアラン・カミングと共演する。人気女優スカイを演じるグウィネス・パルトローは「恋に落ちたシェイクスピア」ですでにアカデミー主演女優賞を取りグングン株価上昇中だった。彼女の従姉妹がこれまた「Lの世界」の人気者シェーンのキャサリン・メーニッヒ。つまりどこかでみなつながっているのね▼結婚記念日のお祝いにスカイ(グウィネス・パルトロー)の持ってきたのがドルフィン。ドラッグだ。それを飲んでみなアタマが狂い、チャラチャラ巧妙にごまかしていた本音をぶつけあう。サリーはジョーのヒットした小説のモデルは自分なのに、主演は自分でなくスカイに決まったことがおもしろくない。食ってかかるサリーに「自惚れるな。ヒロインは20代後半だ。君の年齢では無理だ。年が年だから」とふだんのやさしい夫はどこへ、憎らしそうに自分をみる意地の悪い中年のオッサンがそこにいるではないか。「自惚れはどっちよ。あんなの三文小説じゃないの」「女優生命は尽きている君がエラソーに言うな」「2週間前に子供を中絶したわ。あなたの子供を産む気になれなかったわ」「ぼくに黙って。一生このことを許さないぞ」。クスリでイッテしまい、髪を小さな房にカールしたアラン・カミングのよく似合うこと。サリーの友人にかかるとジョーはクソミソだ。「あんなイギリス野郎の子供を産みに、ロンドンまで行くなんてサイテーよ。食べ物は不味いし医療は最悪、彼は小説であなたのことをわがままで独占欲の強い女だと書いたのよ。子供がいないことはラッキーよ…このクスリ相当上等だわ」▼招待客たちが庭のプールでくつろいでいるあいだに、隣人夫婦が庭のゲートを開けっ放しにしていたため、ジョー夫婦の犬が脱走した。この犬はオーティスといい実物が出演した。ジョーはとなりの妻とペッティングしている現場をサリーにみられいっきょに険悪ムード。犬を探しにいった二人はののしりあって最悪の状態に陥り、家にもどってくるとジーナがジョーの最愛の妹が自殺したという電話を受けたと告げる。早くお父さんのもとに帰ってあげてとジョーを気遣うジーナに、妻でもないのに大きなお世話だとサリーはつっかかる。「ジョー。お父さんが待っているわ」とジーナ。「今夜は発たないわ」と怖い顔で代弁するサリー。「わたしはあなたの敵じゃないわ」とサリー。「彼のワイフでもないわ」「争ってどうするの?」こういうどうでもいいセリフが連綿と続く映画、いやパーティはやっとお開きになり、次の朝、サリーはジョーに寄り添って眠っている。脱走していた犬がもどってくる。バカ犬。お前がもっと早く戻っていたら映画はもっと早く終わった。

Pocket
LINEで送る