女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

きれい

2016年6月22日

梅雨キライ! 広がる・うねるクセ毛対策8つのポイント

Pocket
LINEで送る

クセ毛の要因は、毛根とダメージヘア
美髪のためにも知っておきたい、8つのポイント

クセ毛の人にとって、湿気の多いこの時期は地獄…。クセ毛の原因の一つは、毛根。毛根が頭皮に対して曲がっていると、毛髪もねじれて伸びてうねってしまったり、毛髪が楕円になりカールしやすくなります。また、髪のダメージも一因です。キューティクルのはがれた部分は水分が不足しているため、そこから空気中の湿気をたんまり吸い、水分を溜めた場所だけ膨張するため、うねりを起こすのです。ダメージ箇所が均一でないため、毛髪の1本1本が異なる形状になってしまうことで、髪全体が広がります。湿気の多い梅雨の時期に余計に広がりやすくなるのはそのためです。

美髪のためにも知っておきたい、8つのポイント

では、クセ毛を抑えるにはどうすればいいのか? 8つのポイントをご紹介します。

 

コーティング剤や添加物の入っているシャンプーやトリートメントを使わない!
毛穴に付着するとうねりがひどくなることもあり、抜け毛の原因にもなります。

 

食生活を見直そう!
頭皮・毛髪にも十分な栄養を行き渡らせるためにも、栄養バランスのいい食事を1日3食、きちんととりましょう。特に、野菜や果物に多く含まれるビタミンやミネラル、海藻類に多く含まれる亜鉛やアミノ酸などが効果的だとされています。

 

日差しに気を付けよう!
日に当たると髪の水分が蒸発して髪の水分バランスを保てなくなったり、紫外線によってキューティクルが傷つけられたりして、うねりがひどくなります。

 

髪を洗った後は、しっかり乾かそう!
髪が湿ったままでは、寝ている間に癖が付いてしまいます。また、濡れた髪は非常に繊細なので、摩擦や頭の重みによる圧迫ですぐ傷んで、広がりやすい髪になってしまいます。

 

タオル使いに要注意!
濡れた髪をタオルで拭く時は、ごしごしこすらず、やさしく叩くようにしましょう。

 

ドライヤーの当て方にも気をつけよう!
キューティクルが閉じるように、ドライヤーの風は根本から毛先に向かって当てるようにしましょう。その際、髪を伸ばしながら乾かすとクセ毛も伸びやすくなります。最後は冷風を当ててキューティクルを閉じて固めましょう。髪全体に艶が出やすくなり、さらに冷やされることで汗がおさまるため髪が広がりにくくなります。

 

スタイリング剤選びにも気をつけよう!
水分を含んだムースやWAXは、スタイリング後に使用するとクセ毛に戻りやすくなります。梅雨時期には湿気対策用のスタイリング剤が便利です。

 

出先でのクセ毛対策、水濡らしはNG!
出先で広がりが気になった時、濡らす人も多いのでは? それはNG! いったんは落ち着きますが、乾いたら余計に広がります。それよりも、ブラッシングが効果的。とかすことで髪の水分が均等になり、地肌の血行もよくなります。

 

以上、様々な対策をご紹介しましたが、「面倒だ!」という方は、縮毛矯正やストレートパーマを考えるのも一手。それもしたくないという方は、クセ毛を活かしたスタイリングやまとめ髪もいいでしょう。

 

とはいえ、クセ毛の人も、そうじゃない人も、これを機に、「美髪」「髪のアンチエイジング」のために、頭皮と毛髪の健康を考えてみませんか?

 

Pocket
LINEで送る