女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

介護のささやき

2015年7月11日

医療と福祉の総合力を誇る、関西初「健康型有料老人ホーム」地域に開けた、元気なシニアの豊かな住空間

Pocket
LINEで送る

健康型有料老人ホーム みどりの館
枚方市藤阪中町

もっとアクティブに楽しむための基盤

「元気なシニアライフ」をより安心して送ることができると注目されているのが、JR学研都市線長尾駅徒歩10分に誕生した、関西初の健康型有料老人ホーム「みどりの館」。「健康型有料老人ホーム」とは、自立生活を送れる方専用の老人ホーム。明るく開放的な館内は、まるでマンションやホテルみたい。

「とはいえ“老人ホーム”なので、24時間365日スタッフが常駐し、1日1回は必ず安否確認を行っています。日常生活のお困りごともサポートするなど、常に手を差し伸べられる安心の環境が整っているんですよ」と事務長の田村さん。それでいてここは、自立した方の「健康型」。旅行やセミナーに参加できたり、希望者は「枚方シニアライオンズクラブ」に入会して社会奉仕活動に励んだりと、楽しみ・活躍の場も用意されているのです。

 

地元でも人気のカフェが1階に併設

設備が整った居室や、図書コーナーや檜風呂、多目的ホール、屋上庭園などの共用施設が揃う中、特に印象的なのは、一般にも解放されたカフェレストランとクリニックでしょう。

明るくオシャレな雰囲気のカフェレストランは、地元の方々にとっても憩いの場。ランチやティータイムにはあちらこちらのテーブルから談笑が弾けます。

 

「本当にここが老人ホーム併設?」と疑いたくなるほど、すっかり“地元で人気のカフェ”。

 

ご入居者には一般のメニューに加え和食を中心にした特別メニューも用意、地元の方と同じ空間で食事を楽しめるので、交流の輪も広がります。自炊や外食、出前もOKで、食事をその日の気分や予定に合わせられる自由度も魅力でしょう。

 

併設クリニックは心強い「よろず相談所」

高橋輝子先生

クリニック併設も、「医療法人みどり会」を母体に持つ強み。内科とリハビリ科を備え、日頃の健康相談や定期的な健康診断にも応じてもらえます。1週間のうち4日間を担当する高橋輝子先生は、「ここを『よろず相談所』としてご利用いただけたら嬉しいです」とおっしゃいます。

「ちょっとおかしいかな、と思っても年齢のせいにしたり、我慢される方も多いと思うんです。でも、どんな些細なことでも、身の上話でも、『診察に来る』というより『話をしに来る』という感覚で利用していただけたらと思います。館内で顔を合わせる機会も多いでしょうし、日常を把握した上で診ることができるので小さな変化に気づけたり、早期発見につながったり、館内併設の身近な存在であることは健康管理に大きな意味を持っていると思います」。

 

薬の処方一つにしてもその方のライフワークに沿って、日常生活を楽しめるようサポートしたいとおっしゃる高橋先生は、地元の患者さん、特に若い女性に対しても「よろず相談所」でありたいとお考えです。

 

「女同士だから話せることにしっかり耳を傾けていきたいですね」。その熱意は、併設でありながら、地域にも解放された確固たるクリニックであることを物語っているように思えます。

 

介護老人保健施設や特別養護老人ホームなど多彩に展開する介護施設への住み替えを保証してくれるので、「将来介護が必要になったら…」という心配もご無用です。見学随時。まずはお気軽にご相談なさいませんか?

 

Pocket
LINEで送る