女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月16日

イルマーレ(2006年) The Lake House (2006)

Pocket
LINEで送る

監督:アレハンドロ・アガレスティ/Director: Alejandro Agresti
出演 キアヌ・リーブス/サンドラ・ブロック/Starring: Keanu Reeves‚ Sandra Bullock

要するに時空を越える愛なのよ

オカルトかと思ったわよ。初めてこの映画をみた人、なにがどうなっているかわかった? 大ヒットした韓国映画のハリウッドリメイク版。イルマーレとはイタリア語の「海」です。海辺の家に設置された郵便受けを通して時を越えた愛、韓国版の原題はそのものズバリ「時越愛」だった▼深く考えず、精一杯、理解した限りで筋書きを追跡すると…シカゴの医師ケイト(サンドラ・ブロック)は湖の傍にあるガラス張りの家からシカゴに引っ越す。手紙は次の住人アレックス(キアヌ・リーブス)の手に渡る。二人は何度か手紙でやりとりをするが、ケイトの手紙の日付は2006年。アレックスの手紙の日付は2004年だった▼郵便受けというのはケイトにとっては過去への、アレックスには未来への入り口らしいのだ。郵便箱を通じてケイトとアレックスの手紙は、2年間の時間差をワープする。こみいった内容がつぎつぎ展開される。アレックスの家庭的な事情とか、仕事一途で母を省みなかった父への、複雑な思いとか。ケイトのボーイフレンド、アレックスのガールフレンドとか。湖の家は高名な建築家である父が、母に贈った家で、アレックスにとっては心の傷の象徴だ▼手紙という物理的に存在する三次元の物体が、なんで時空を超えて行きかうのだ…というようなことにかまっていては、前を向いて進みません。とにかく本人たちは「ケイトは2年先の未来にいる」「アレックスは2年あとから現在に向かっている」ということがわかってくる。2年という時間の距離を、どうやら愛犬ジャックだけが自由にタイムトラベルしているらしい▼この犬がまた賢くて、ケイトとチェスの対戦をするところは、いやましにアタマが幻想的になる。ストーリーは急展開、時間的矛盾に気づいたケイトが2月14日、バレンタインの日、事故があって青年が死んだことを思い出す、それこそアレックスだ、だからその日のその時間、自分をみつけても道路を走って渡ってはいけない…この警告の手紙が間に合い、アレックスは死なずにすみ、二人は時空を解消し出会うことができた、という奇跡の映画です、これは▼「スピード」から12年。同い年のキアヌとサンドラは42歳になっていました。そのわりにしちゃ若かったわね。どこかに郵便受けがあったわけ?

To put it simply‚ it is love that passes through time

I thought this was an occult movie. To those people who saw this movie‚ did you understand what was happening? This is the Hollywood remake of the hit South Korean film. Il Mare (the original title) means ocean in Italian. A house on the shore where love passes through time via the mailbox. The original title of the South Korean version is exactly that‚ “love that passes through time”.
Without thinking too deeply‚ I will convey the plot to the best of my understanding: Chicago doctor Kate (Sandra Bullock) moves to Chicago from an open house on a lake. The letter that she leaves is picked up by the next tenant‚ Alex (Keanu Reeves). The two exchange several letters‚ but Kate’s letter is dated in 2006 and Alex’s is dated in 2004.
The mailbox serves as a gateway to the past for Kate‚ and one to the future for Alex. Through the post their letters pass through a two-year time warp. The complicated story continues developing. Alex’s family circumstances; his complex feelings toward his workaholic father who neglected his mother‚ Kate’s boyfriend‚ Alex’s girlfriend‚ and so on. The lake house was a present from Alex’s famous architect father to his mother‚ and to Alex it is a symbol of pain.
The letters are physically existing three-dimensional objects‚ but why do they traverse time? If you care about this kind of thing you can’t move forward. Anyway‚ the characters understand that “Kate is two years in the future” and “Alex is two years in the past heading toward the present”. For some reason‚ only beloved dog Jack is able to freely travel over the two year time space.
This dog is clever. The chess match with Kate makes your head spin with fantasy. The story takes a sudden turn: Kate‚ who has realised the time paradox‚ remembers that on February 14‚ Valentine’s Day‚ a young man died in an accident. That is Alex‚ so on that day and that time‚ even if you find yourself‚ you cannot run and cross the road. This warning reaches Alex in time‚ and he avoids death‚ and so the two remove the time difference and unite. It is a miraculous movie.
Twelve years since Speed. Keanu and Sandra had both become 42 years old. Even then‚ they’re pretty young. Where was that mailbox‚ again?

Pocket
LINEで送る