女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

エンタメ

2015年11月26日

占い宝珠 橋本恵香の遺言第1回 「新しい運勢鑑定の誕生」

Pocket
LINEで送る

占い宝珠 橋本恵香先生

複雑化した現代社会に対応した分単位の易学「バロ」を生み出した「占い宝珠」代表の橋本恵香先生。度胆を抜く的中率を誇る、この新しい運勢鑑定術の世界を、橋本先生ご自身に紐解いていただきます。

【橋本恵香先生プロフィール】
 占い宝珠(ほうじゅ)代表。伝統的な易学と20年の年月をかけて研究・工夫した独自の占術として「バロ」を開発。その驚異の的中率はテレビでたびたび放映され、注目を集める。難波・石切・奈良の3店舗で営業。また各地で無料鑑定会を開催し、易学の普及に努める。お弟子さんの育成にも定評があり、各店舗で活躍中。

生徒さんたちが占える場を作りたい

「占い宝珠」は、今年で創立28年目を迎えました。長いようで、あっという間の28年です。
元々のスタートは易学教室でした。しかし、学ばれた生徒さんたちの占いをする場が必要だと考え、そのために「占い宝珠」を始めたのです。
最初のお店は、私の大学の先輩が石切神社の近くで開かれていた喫茶店の一角を使わせていただきました。本当にささやかな占い店でのスタートでしたが、十数名の生徒さんたちと一つひとつ相談し、楽しく悩みながら、長い階段の第一歩を登りだしたのです。

宝珠の存続は生徒さんのおかげ

今改めて振り返ってみると「占い宝珠」は〃私の店〃ではなく、宝珠を大切にしてこられた〃生徒さんたちのお店〃だと言えるでしょう。たくさんのお弟子さんたちが宝珠を守ってくれている、だから今も存続しているのです。本当にありがたいことだと感謝しています。

 

(第二回は9月3日(木)掲載予定)

Pocket
LINEで送る