女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2015年8月1日

東京五輪公式エンブレムとプロセスカラー

Pocket
LINEで送る

ウーマンライフ新聞社 8月代表挨拶

東京五輪公式エンブレムとプロセスカラー

 2020年東京五輪、パラリンピック両大会の公式エンブレムが発表されました。中央の垂直な太いラインは20年への準備や選手の練習の道を表現し、印象的な黒は多様性を表わしています。黒という色はすべての色を重ね合わせれば黒になるということから多様性を象徴した色として使われているということです。
 ウーマンライフは、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)、4色のプロセスカラーで印刷されています。印刷に携わっている方ならこの4色を重ね合わせれば黒になるということはご存知だと思います。同じ黒でもK1色の黒もあれば、2色、3色、4色を掛け合わせた黒が存在するのです。
 黒に限らず、ウーマンライフの紙面はC、M、Y、Kの掛け合わせで何十種類もの色を作り出し、紙面を構成しています。色の世界と同じように世界中には、多くの人種、いろんな考え方や生き方が多様に存在します。今回発表されたエンブレムには、普遍的な平等の記号であるイコールや互いの違いを認め合う大きな円もイメージされています。
 どちらかというと多様性を認めるのが苦手な国・日本と日本人にとっては、東京五輪はきっといいきっかけになるはずです。5年後と言わず、今日からでも理解を深めていく努力が必要ではないでしょうか。

Pocket
LINEで送る