女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

介護のささやき

2015年8月7日

枚方市駅より徒歩5分に、リハビリできるサ高住、誕生! サービス付き高齢者向け住宅「ケア・キューブ枚方」

Pocket
LINEで送る

サービス付き高齢者向け住宅ケア・キューブ枚方
枚方市岡本町10-25

駅近・リハビリ特化で地域と繋がる暮らし

 京阪「枚方市駅」より徒歩5分。駅前ならではの賑わいの中に、江戸期からの旧京街道が残る、そんな風情あるこの地に、サービス付き高齢者向け住宅「ケア・キューブ枚方」が誕生。早くも“リハケアレジデンス”として注目されています。
 「母体は創業26年の薬局です。元々在宅医療にも力を入れており、訪問医療を受けられたお宅へお薬をお届けする事業もしていました。そこで実際にご高齢者の方々の健康・生活における事情を目の当たりにした社長が『もっと地域のためにできることないか』と考え、介護事業に着手したんです」と施設長の田崎政明さん。それから12年。医療・看護と介護の狭間で現実を見てきたからこそ、介護付き有料老人ホームやサービス付高齢者向け住宅など北河内地域を中心に展開されてきた施設にはご高齢者への思いやりが詰まっています。6施設目となるこの「ケア・キューブ枚方」もそう。

本格リハビリを無理なく楽しく

 「枚方ではすでに、スポーツジムのようにマシンが揃ったリハビリテーション特化型デイサービス『すぷらうつ』が好評だったので、ご要望にお応えして、リハビリに特化したサービス付き高齢者向け住宅を作ることになりました」
 『すぷらうつ』の知名度はすでに高く、施設内の『すぷらうつ』にも評判を聞きつけた近隣住民が多数訪れるそう。「通おうという方はエネルギッシュで、それがご入居者様にとっていい刺激になり、笑顔や元気を助長している気がします。スタッフとはまた違う、同年代同士の話に花が咲き、お友達の輪も広がっているようです。旧京街道で200店舗ほど出店するお祭りが毎月開かれるのですが、そういう地域行事にも関わりやすい雰囲気ができていますね」と田崎さん。
 器具の利用に際しては作業療法士が転倒予防・介護予防・自立支援をサポート。「筋力測定を行い、マシンはその方に応じた負荷に設定してトレーニングを行うので無理がないんです。3ヵ月ごとに測定して成果を確認できるので励みにもなるようです」と『すぷらうつ』でキャプテンを務める北川さん。そんな地域に開かれた場所、健康寿命を延ばす前向きな場所には、いつも笑顔が花咲いています。

地域病院との連携で、最後までずっと安心

 明るい居室はお好みの家具を配置できるので、「自分の部屋」として寛げます。「各フロアに共有の団欒スペースがあって、フロア毎のお風呂とは別に機械浴も揃っており、介護度が高くなっても入浴を楽しんでいただけます」。さらには、近隣ドクターと密に連携を取ることで看取りまで可能に。「元気なうちから最後の最後まで、ずっと安心して暮らし続けていただけるんです。駅近だからご家族のご訪問やご入居者様のお出かけに便利。楽しく自由に暮らせるので、引っ越しや住み替えの感覚でお越しいただければと思います」と田崎さん。
 見学は随時。まずはお気軽にお電話ください。

Pocket
LINEで送る