女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

イベントガイド

2015年8月15日

2015夏季展特別展 小林一三ワールド  ―逸翁の審美眼

Pocket
LINEで送る

逸翁美術館

 宝塚歌劇団・阪急電鉄・阪急ブレーブスなど、数々の文化事業を生み出した実業家・小林一三(逸翁)。逸翁美術館は美術蒐集家・茶人としても知られる彼のコレクションを所蔵する美術館です。「2015夏季展【特別展】 小林一三ワールド ―逸翁の審美眼」では、そのコレクションから文化人としての逸翁の素顔を紹介しています。
 彼の座右の銘は「胆大心小」。それは良いと思ったものを積極的に取り入れながら点前の作法を気にするなど、茶風にも表れていました。西洋の焼き物を茶道具に見立てたり、椅子席のお茶室などさまざまなアイディアをこらし、自身の茶の湯を表現しようとしたと考えられています。
 同展では逸翁の「見立て」「好み」「自作」を表わす作品を展示し特色を紹介。また収蔵品より名品を会わせて展示し、小林一三の世界を再現します。
 なお9月6日(日)14時~講演会も開催、10時より座席券が配布されます(先着120名)。9月19日(土)14時~は担当学芸員によるギャラリートークも。

▼日時=2015年7月4日(土)~9月27日(日)
10時~17時(入館は16時30分まで)
※8月10日(月)~8月21日(金)は展示替えのため休館
▼休館=月曜(祝日の場合は開館、翌平日休館)
▼場所=「逸翁美術館」
阪急宝塚線池田駅下車徒歩約10分
▼料金=一般/800円 シニア(65歳以上)/600円 大高生/500円 中小生以下無料
(逸翁美術館・小林一三記念館・池田文庫3館共通券もあり)

※予定が変更される場合があります。詳細はお問い合わせを。

Pocket
LINEで送る