女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月31日

将軍の娘(1999年) The General’s Daughter (1999)

Pocket
LINEで送る

監督:サイモン・ウエスト/Director: Simon West
出演 ジョン・トラボルタ、レスリー・ステファンソン、ジェームズ・クロムウェル、マデリーン・ストー/Starring: John Travolta‚ Leslie Stefanson‚ James Cromwell‚ Madeleine Stowe

陸軍基地の殺人 重厚なサスペンス

 トラボルタの映画のなかで、おそらくこれがいちばん暗いだろう。いい映画なのだけど、あまりにおぞましいのかもしれない。監督といい、主演といい、内容といい、とびついていいはずだと思ってでかけたのに、映画館の中は案外ひっそりしていたっけ▼ストーリーの展開は上質のサスペンスだ。陸軍犯罪捜査部の捜査官ポール・プレナー(ジョン・トラボルタ)は、ジープが故障しているところを女性大尉エリザベス(レスリー・ステファンソン)に助けられる。基地に到着したポールは、まもなくエリザベスが全裸死体で発見される殺人事件に遭遇する。死因は絞殺。レイプの痕跡はなかったが、死体の頬に涙の跡があった▼エリザベスの父は、政界進出を目論む軍の有力者、キャンベル将軍だ。大尉として軍務に精励するエリザベスは、父の名にふさわしかった。優秀な将校として嘱望され、実績を重ねていたが、それをねたんだ男性兵士ら数人が訓練にまぎれ、森の中でエリザベスを襲い、仮死状態になるまで暴行する。この事件を境に、エリザベスの人格が変わったことをポールはつきとめる。それをまた父・将軍も知っていた▼基地内ではさらに別の殺人が生じる。トラボルタは、じっくり仕事を進める寡黙な捜査官を、抑制のきいた演技で見せる。サイモン・ウェスト監督は、毒がじわじわまわるような圧迫感を強めていき、組織犯罪の真相と、将軍の娘の悲しみをあぶりだす。「コン・エアー」や「トウムレーダー」や、最新作では「メカニック」(2011年8月公開)のスピード感あふれるアクションとは、ひとあじもふたあじも違う、この監督の奥行きのある仕事が、よくわかるだろう▼トラボルタに協力する捜査官にマデリーン・ストー(「12モンキーズ」「ラスト・オブ・モヒカン」)が配されているが印象に残らず、むしろレスリー・ステファンソンがいい。父親との葛藤を昇華できず、自分自身を滅ぼしてしまう娘を、青火のように演じている。意外かもしれないが、トラボルタの軍服姿がりりしく決まっていた。そういえばサイモン・ウェストをすっかり見込んだシルベスタ・スタローンが、「エクスペンタブルズ2」の監督に起用しようかと考えているそうだ。

Homicide of an army base  Profound suspense

Of all Travolta’s films this one is perhaps the darkest. It is a good film‚ but might be a little too horrifying. The director is good‚ the performances are good‚ the content is good; I thought it should be something to jump at and go and see‚ but the cinema was surprisingly silent.
The story is an excellent suspense. Chief Warrant Officer (of the army crime investigation department) Paul Brenner (John Travolta) is helped by Captain Elisabeth Campbell (Leslie Stefanson) when his car breaks down. After Paul arrives at the army base‚ he encounters a murder case after Elisabeth’s naked body is discovered. The cause of death is strangulation‚ there are no signs of rape‚ but on the cheeks of the dead body are traces of tears.
Elisabeth’s father is General Campbell‚ a military power figure with intentions on moving into the political arena. As a captain who serves diligently‚ Elisabeth is suitable to carry her father’s name. She is a brilliant and promising officer and built upon her track record but during a training exercise she got caught up with a group of envious male soldiers‚ who attacked her in the forest and raped her almost to the point of death. Paul ascertains that Elisabeth’s personality had changed since the incident‚ and that her General father also knew.
On the army base another murder occurs. Travolta displays a controlled performance of the silent investigator who concentrates on his work. Director Simon West strengthens the suspense like a poison beginning to spread‚ and uncovers the truth of the criminal organisation and the sadness of the General’s daughter. His films‚ exploding with fast-paced action: Con-Air‚ Tomb Raider‚ and his latest Mechanic (released in August this year)‚ are rather different to the norm; you can probably understand the depth of this director’s work.
The investigator who cooperates with Travolta‚ Madeleine Stowe (of 12 Monkeys and The Last of the Mohicans)‚ doesn’t leave an impression‚ rather Leslie Stefanson is good. Unable to sublimate the troubles with her father‚ the daughter who destroys herself is performed like a blue flame. It might be unexpected but Travolta looks most handsome in his military uniform. Come to think of it‚ Silvester Stallone is counting on appointing Simon West as the director of The Expendables 2.

Pocket
LINEで送る