女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集 LGBTー映画にみるゲイ

2015年8月12日

特集 LGBTー映画にみるゲイ143
エーゲ海の誘惑(2008年 ゲイ映画)

Pocket
LINEで送る

監督 ロバート・クロムビー
出演 アバロン・バリエ/リュドミラ・シリャエヴァ

サメにでも食われろ

いやはや、こんな勝手な女ってみたことないな。時代は1926年、舞台はレスボス島、ヒロインの名前はサッフォー(アバロン・バリエ)とくれば内容はほぼ察しがつく。ウクライナの映画というたいへん珍しい映画です。もうひとりのヒロイン、ヘレン(リュドミラ・シリャエヴァ)はロシア人でセリフは英語。サッフォーはアメリカのセレブの令嬢。新婚旅行は白い大型クルーザーで、水夫4、5人が操舵する。エーゲ海を航行し夫のフィルといっしょにレスボス島に寄港した。フィルは画家だ。おとなしい誠実そうな青年で、サッフォーのいうままである。古代ギリシャの遺跡を残すエーゲ海の島とくれば、それだけでなにか起こらないほうが不思議でしょ。案の定、サッフォーはヘレンという同い年くらいの女性と知り合います。彼女の父親がロシアの考古学者で発掘調査をしている。ヘレンは博学でサッフォーを博物館に案内し、発掘された遺跡や遺物にまつわる古代人のおおらかなセックス観を解説する。サッフォーはいたく感心する▼ヘレンの奔放な思想に影響を受け、サッフォーの行動は大胆になります。長い髪をばっさり切ってプラチナブロンドのショートヘアに。フィルを押し倒しセックスの主導権を握り、言辞行動とも従順な妻は消え失せ、野性の女が出現した。そもそもそうなったのはヘレンの性別を超えた自由な愛に感動したからです。彼女らは人影のない海で、これがまあきれいな紺碧の空を映すエーゲ海は断崖の下、深い透き通った海中を人魚のように泳ぎ、浜辺の砂の上では熱い抱擁。なにしろプライベート・ビーチみたいなものですから遠慮もヘチマもありません。夫のそれとは全然ちがっていたらしく、サッフォーはヘレンにのめりこみ、新婚旅行は中止、この島で暮らすなどと言い出す。フィルは開いた口がふさがらない。早くこの島を出ようと妻に言うが却下。あまつさえ、ヘレンは魅力的だから寝たらどうかと進言する。ばかなことをいうな、とフィルはとりあわないがそこはそれ、やっぱり男ですから(…)まんざらでもないに決まっている▼ヘレンはヘレンで、フィルの描いてくれた自分のヌードがすっかり気に入り、わたしをこんな素敵に描いてくれるあなたなんて、もうイヤ、もうイヤ、となにがイヤかわからんが、あっさり抱き合って熱烈なシーン。そこを目撃したサッフォーは面白くない。ふたりのいないときにアトリエのなかのキャンバスをすべて切り刻む。おまけにフィルのことを財産もない貧乏人の息子で、自分の実家に食べさせてもらっている画家気取りの無能な男だと、暴言を叩きつける。それでもブン殴らなかったフィルはえらいわね~。サッフォーの行動は常軌を逸してきてヘレンに執着し、いっそう激しい愛撫を求める。フィルもまたヘレンの虜になっていますから、なんだかいつのまにか物語はサッフォーからヘレンのイカレ具合に重きが移ってきた。サッフォーがヘレンをかきくどき、自分といっしょにここで暮らそう、あなたもわたしを愛してくれているはずと懇願すると、えッ、なんですって…ヘレンの返事はこうなのだ「戦争で島に男子が少なくなったから女子に手をだしただけで、自分は本当のゲイではない、男がみつかったからもうあなたには用はない」この通りではなかったかもしれませんが大同小異の文言でした。いくらサッフォーのまといつきかたが重苦しい、暑苦しかったとしてもこれはちょっとフェアじゃないだろ。冒頭こんな勝手な女は見たことないと書いたのは、もちろんこのヘレンのことです▼あっさり裏切られたサッフォーとても正気でいられない。ふらふらと昔、詩人サッフォーが身を投げたという断崖に向かって歩く。海から引き上げられたサッフォーの遺体は事故死として処理され、アメリカまで氷詰めにして搬送されることになります。フィルは船に乗船し、見送りにきてくれた葬送の人達に別れを告げる。ヘレンもそこにいた。船が「タンタンタン」とエンジンの音を響かせ離岸しようとする。ギョッ、フィル君は手をふってヘレンに合図、ヘレンは(オシっ)とばかり船に飛び乗るではありませんか。おいおい、サッフォーは死に損ってことか。ヘレンに会ったためにサッフォーは貧乏くじを引いた、ヘレンはいい馬に乗り換えた、それだけなら恋愛関係によくあることよ。でもお嬢さん育ちでなにも知らなかったサッフォーの純情を弄んだのはヘレンだし、フィルはフィルで妻を裏切った女に愛を告白し、べんべんとアメリカまで連れていくのかよ。こいつらサメにでも食われろ。

Pocket
LINEで送る