女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月25日

夜(1961年) The Night (1961)

Pocket
LINEで送る

監督:ミケランジェロ・アントニオーニ/Director: Michelangelo Antonioni
出演 マルチェロ・マストロヤンニ、ジャンヌ・モロー/Starring: Marcello Mastroianni‚ Jeanne Moreau

愛も幸せもございまへん

 アントニオーニは、観客の忍耐を試すような映画ばかりつくる監督だ。キャッチフレーズは「愛の不毛」。「夜」はその「愛の不毛」4部作の第1作(製作順では「情事」だが、公開は「夜」が先になった)。孤独と絶望を味わう男女を、繰り返し、くりかえし描いている▼「辛気臭い映画」とぼやきながら、なぜか見てしまうのがアントニオーニだった。何作もみてやっと、この監督の的をしぼっている場所が、誰の心にも備わる「負の磁場」のようなものであることに思い当たる。映画には、一方にウォルト・ディズニーやチャプリンの、愛と勇気と幸せの世界が、もう一方にアントニオーニの、愛も幸せもことごとく疑問視する世界がある。日本人が「神も仏もあるものか」というのと同じ現実感覚で、アントニオーニは「愛と幸せ? なんというおめでたい」という映画をつくり続けた▼流行作家ジョバンニ(M・マストロヤンニ)は妻ルチア(J・モロー)から「もうあなたを愛していない」といわれる。お互いの倦怠感は感じていたものの(なんとかなれへんのか)と夫は妻を抱きしめる。この種の絶望や倦怠は、ふつう生きている過程でつきものだ。しかし「だらしない女だけど子供たちの母親だから」とか「酒ばかり飲んで困った男だけど、給料はちゃんと家にいれてくれるから」とかいう免罪符で、だまし、だまし、したたかに人は生きていく。普通はね。たとえ「もうキミを愛していない」でも「あ。そう。お金だけ振り込んでもらうわ」の世界である▼しかし「あ、そう」ですます彼らが成熟していればいるだけ、愛と幸福と信頼に満ちていた自分たちの関係が、いつのまにか「愛していない」状態にすべりこんだ過程が、肌感覚としてわかっている。過失や裏切りがなくても、愛には、愛がいつか姿を変えていきつくかもしれない、たとえば「不毛」というようなものと(水が酸素と水素で成り立つように)、もともとワンセットの元素でできているのだ、それを知っておかないと、愛の全貌というのはわからない、とでもアントニオーニは言いたそうだ。不毛や荒野を内面にかかえているのが人間であり、それに鋭く切り裂かれたあとで「愛も幸せもないとはこのこっちゃ」というしかない、人間のやりきれなさ▼だからアントニオーニの映画は、いらいらさせられる。人生の平穏をかき乱すものを、わざわざ目の前に見せにくる。目をそむけるわけにはいかない。そのやりきれなさや虚しさが、もともとわたしたちの体内に組み込まれた、精神の遺伝子だということを、人はどこかで認知しているからだ。

There is no love or happiness

Antonioni is a director who makes films that are testing of an audience’s patience. The catchphrase is “fruitless love”. The Night is the first of a four part series (the production order started with Love Affair‚ but at release The Night preceded it). It paints the ever repeating solitude and despair of a man and woman.
While complaining that it is boring but for some reason watching it through is typical of Antonioni’s films. After watching several films where you finally narrow down the goal of this director‚ you are reminded that everybody’s heart possesses something like a “negative magnetic field”. In movies‚ on one hand there is the world of love‚ courage and happiness of Walt Disney and Chaplin‚ and on the other hand there is the world of doubting love and happiness of Antonioni. It is the same feeling of reality like the Japanese who say “Is there a God?”; Antonioni has continually made films that say “Love and happiness? How simple.”
Popular writer Giovanni (Marcello Mastroianni) is told by his wife Lidia (Jeanne Moreau)‚“I don’t love you anymore.” Although they both sense each other’s weariness‚ the husband holds his wife saying “Isn’t there something we can do?” This seed of despair and weariness is something that accompanies the course of everyday living. However‚ by saying‚“I’m a loose woman but I’m the mother of our children” and “I’m a man who has a drinking problem but I pay the bills”‚ people live their lives under these indulgences‚ tricks and deceit. Normally‚ that is. For example there is the world of “I don’t love you anymore” but “Oh? I see. I’ll have the money deposited”.
However‚ by completing things with“Oh? I see”‚ in no time at all the “I don’t love you anymore” process that the couple has slipped into is understood as superficial. Even without mistakes or betrayal‚ in love‚ it might change its appearance; for example‚ something like “fruitless”(in the way water is formed with oxygen and hydrogen)‚ it is originally a one-set element. If you don’t know that‚ you won’t understand the whole picture of love; this is what Antonioni seemed to want to say. Fruitless and barren are what humans carry inside them‚ and after that has been sharply slashed‚ “this is what it is without love and happiness”is all that can be said; the intolerance of people.
That’s why Antonioni’s movies irritate us. The things that shake up the tranquility of life are shown to us. We can’t look away. That intolerance and emptiness is an intrinsic part of ourselves; the genes of our spirit- because somewhere people acknowledge this.

Pocket
LINEで送る