女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月26日

情 事(1960年) The Adventure (1960)

Pocket
LINEで送る

監督:ミケランジェロ・アントニオーニ/Director: Michelangelo Antonioni
出演 モニカ・ヴィッティ、ガブリエーレ・フェルツエッテ/Starring: Monica Vitti‚ Gabriele Ferzetti

メロドラマが大嫌い

 アントニオーニの映画が、意味不明、観客不在だとか言いたくなる理由はつまり、ふつう映画にあって人気を得る、物語性やメロドラマや、甘美なセンチメンタリズムがひとつもないからだ。彼はそういったものが大嫌いなのである。これは趣味とか性格とか、彼の人生観の問題だから「ワケのわからぬ映画ばかりつくって、けしからん」と指摘しても始まらない▼そのわりに彼の映画が、世界的な映画祭で最高の賞を受賞したりするのは、アントニオーニの映画は、わき腹に食い込んだ鉤(かぎ)みたいなものをいやでも感じさせるからだ。「情事」なんか、ひどい。富豪の令嬢がクルージングの途中、わがままを言って海に飛び込む、サメが出たとウソをつき、みなを振り回して行方不明になる▼勝手にしてくれと思うでしょう。ほんとにそうなるのよ。行方不明の女の捜索を続けるうち、彼女の女友達クラウディア(M・ヴィッティ)と恋人サンドロ(G・フェルツエッテ)が深い関係になる。サンドロはクラウディアに結婚を申し込みながら、その夜のうちに他の女と寝る。クラウディアは泣いてホテルの外に走り出しサンドロが追いかけ、ベンチに坐って泣くサンドロの髪を、背後からクラウディアが撫でるところで映画は終わる。行方不明の女はどこへいった。ほったらかしである▼たぶんこういうことだと思うのだ。アントニオーニが、みかけより素直な直球で投げ込んできたのは、おそらくほとんどの人が、映画をみたあとにおそわれる「やりきれなさ」や「拠り所のなさ」の感情だと思うのだ。彼は自分でこう言っている。「《情事》の主人公たちが到達した結論は、感傷的なものではありません。彼らが最終的にゆきつくのは、互いに対する哀れみの感情です」▼哀れみや、拠り所のなさ、そんな不安定な、弱々しいものに無防備でさらされ、ズタズタになってしまうわたしたちの精神世界。考えれば随分もろい、はかないところで人は生きている。哀れみの感情なしにどうやってお互い、やっていけるのだろう▼彼の映画を日常次元の言葉に引きずり降ろすと、もっとわかりやすい映画になるのだが、アントニオーニに妥協はない。そういう美学はございませんのです。そんなことしたらスクリーンはセンチメンタリズムでびしょ濡れだ、冗談じゃない、というふうに登場人物が語る台詞は短く、意味もなく、夢遊病者のように歩き、女が行方不明になった海は虚しさそのもののように、暗く、波頭を渡る強い風が鳴っている。

He hates melodrama

Antonioni’s movies are without meaning and an audience; the reason I want to say this is because in short‚ there isn’t any sweet sentimentalism‚ nor narrative fashion and melodrama that is normally present in a movie to gain it popularity. He loathed that sort of thing. His hobby or his personality; because it is a problem of his view of life‚ nothing happens if we point out that “All you do is make pointless movies; its outrageous”.
Considering all that‚ by winning the top prizes at international film festival awards‚ Antonioni’s movies‚ like a hook that has cut into our side‚ make us feel things even if we don’t want to. The Adventure is terrible. While cruising on a yacht‚ the young lady of a wealthy family selfishly dives into the ocean‚ lies that a shark appeared‚ and after pulling everyone around winds up missing.
You probably think “Do what you please”. That’s really how things become. While the search for the woman is continuing‚ her female friend Claudia (Monica Vitti) and her lover Sandro (Gabriele Ferzetti) fall into a deep relationship. Sandro proposes marriage to Claudia and that same night he sleeps with another woman. Claudia cries and runs outside the hotel pursued by Sandro. Claudia strokes Sandro’s hair from behind while he is sitting down crying‚ and that’s where the movie finishes. What happened to the missing woman? Left for dead.
This is what I think it is about: Antonioni‚ despite appearances‚ threw a straight ball‚ and I think that perhaps after seeing this movie most people were assailed by feelings of “melancholy” and “groundlessness”. This is what he says: “The conclusion that the main characters of The Adventure reach is not something sentimental. What they finally reach is the conflicting feeling of compassion with each other.”
Compassion and groundlessness‚ that kind of unstable and weak thing is exposed unguarded; our mental world goes to bits. When you think about it‚ people are living in quite a fragile and hollow place. Without compassion‚ how is it that we can move ahead together?
If we force Antonioni’s movies into the words of the dimension of every day‚ it might be a more understandable movie‚ but he is uncompromising. There aren’t such aesthetics. If that was done‚ the screen would be dripping with sentimentalism- it’s no joke- the lines that the characters speak are short‚ without meaning‚ and they move like a sleepwalker. Like the very ocean that the woman went missing in: dark with the sound of the strong wind whistling over the wave crests.

Pocket
LINEで送る