女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月27日

太陽はひとりぼっち(1962年) The Eclipse (1962)

Pocket
LINEで送る

監督:ミケランジェロ・アントニオーニ/Director: Michelangelo Antonioni
出演 アラン・ドロン、モニカ・ヴィッティ/Starring: Alain Delon‚ Monica Vitti

あなたのことをもっと愛したくて 

 めずらしくアントニオーニは、主人公たちに長い台詞を喋らせている。株式仲介人ピエロ(A・ドロン)が、婚約者と別れたばかりのヴィットリア(M・ヴィッティ)と愛し合う関係になるが、どちらも心の空白を感じている▼この「感じている」という感触がアントニオーニ映画のキーワードだ。観客に「感じさせる」ことが目的で「説明することじゃない」と常々この監督は主張してきた。結論から先にいうと「人間なんて、人の心や愛情なんて、わからないことはわからないのだ。解決つかないことを辻褄あわせて説明しようなんて、予定調和の物語なんかおれは作らない」これが彼の製作の原点であり、思想であり、さらにいえば体質である▼台詞に戻ろう。ピエロ(あたりに人のいない風景を)「外国にいるみたいだ」ヴィットリア「あなたといるとそんな気がする」P「僕と結婚しないのか」V「結婚への郷愁はないのよ」P「郷愁? 結婚したことないのに」V「そういう意味じゃない」P「君がわからない。婚約者とは愛し合っていたのか」V「わからないわ。深く愛しているなら、理解しあえるものよ」P「じゃ、僕たち、理解しあえるかな」V「わからないわ」P「ならどうして僕と会うんだ。わからないと言うな」「あなたのことをもっと愛したくて」▼女にこういわせたアントニオーニの、彼が垣間見せた愛への希望を、率直に受けとめようと思った。このシーンのあと延々と続く無人の風景は、「情事」の荒れる孤島の海と同じく、アントニオーニ映画の伝説となった。永遠とはこういう風景に潜んでいる、とでもいうように風に揺らぐ(アントニオーニは風が好きである)木々の梢、異星のような都市、無意味に流れる用水桶の水。飛行機雲。信じるに足るものなどなにもない、そうわかっていて「明日もあおう。あさっても会おうよ」そう言ってしまう、かりそめの安らぎ。人間ってまあ…紫式部ならここでいうのよ「あわれなりけり」▼モニカ・ヴィッティは「情事」ではろくに笑わなかったが、今回アラン・ドロンと二人揃って、きれいな笑顔をみせる。虚無と太刀打ちするほどの、最高の笑顔にしろ、と監督は指示したのかもしれない。なにしろ撮影に入れば「いうことをきくしかない」(モニカ)だったらしいからね。最後に、もう一人の主役について。ジョバンニ・フスコだ。彼はこの映画のために、むせるようなツイストを書いた。主題曲「太陽はひとりぼっち」は、アントニオーニ映画のほとんどを作曲し、あの気難しい監督の「全面お任せ」を得ていた、フスコの中でも傑作だった。

I want to love you more

In a rare move Antonioni has the main characters speaking long lines. Stock broker Piero (Alain Delon) becomes romantically involved with Vittoria (Monica Vitti)‚ who has just broken up with her fiance- each character is feeling an emptiness in their heart.
This sense of “feeling” is the keyword in Antonioni’s films. The goal is to make the audience “feel”‚ something of which this director has boldly insisted on. To mention the conclusion first: “Humans‚ the heart and affections of people‚ they don’t understand what they don’t understand. Trying to make something coherent and explain something unsolvable; I’ll never make a story of planned harmony.” This is the root of his production- the idea of it- its constitution.
Let’s get back to the script.
Piero: (in a desolate place)“It’s like a foreign country.”
Vittoria: “It is when I’m with you.”
Piero: “Will you marry me?”
Vittoria: “I don’t have any nostalgia toward marriage.”
Piero: “Nostalgia? But you’ve never been married.”
Vittoria: “That’s not what I mean.”
Piero: “I don’t understand. Did you and your fiance love each other?”
Vittoria: “I don’t know. If we truly loved each other‚ we would understand each other.”
Piero: “So‚ you and I‚ would we understand each other?”
Vittoria: “I don’t know.”
Piero: “So why do you meet with me? Don’t tell me you don’t know.”
Vittoria: “I want to love you more.”
Antonioni‚ who made this woman say this‚ revealed hope toward love‚ thinking that she would take it frankly. After this scene‚ the endlessly continuing desolate landscape is the same as the rough ocean of the isolated island in The Adventure‚ and it became the legend of Antonioni’s films. Eternity is lurking in these kinds of scenes: the shaking of the wind (Antonioni liked the wind)‚ tree tops‚ cities like those of another world‚ the meaningless running of water from a rain tank‚ vapor trails. There is nothing left to believe in‚ and so people say “Let’s meet tomorrow‚ or the day after”- a transient contentment. People are‚ as Murasaki Shikibu says‚ “transient”.
Monica Vitti hardly laughed in The Adventure‚ but in this film alongside Alain Delon she showed a beautiful smile. To the extent of nihilism and contention the director may have instructed her to put on her best face. In any case‚ once filming had started “I have to listen to what he says” is what Monica was like. Finally‚ let me talk about one other lead character: Giovanni Fusco‚ he wrote a suffocating-kind of twist for the movie. He composed the theme song The Sun is Alone and most of the songs for Antonioni’s films‚ gaining the “leave it all to you” of that difficult director. This was a masterpiece even for Fusco.

Pocket
LINEで送る