女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2015年9月2日

特別展示姫路の名工 大村雲谷 没後30年-木との対話

関連キーワード:

Pocket
LINEで送る

姫路市書写の里・美術工芸館

欅材払子如意香盆(個人蔵)

播磨を代表する刳物師(くりものし)、大村雲谷さん。小竹斎一門の祖師・市川周道に学び、高村光雲から号の一文字をもらい受けた彼は、肥松やケヤキ材を好み、盆など煎茶趣味の道具類を中心に数多くの作品を作成。姫路市ふるさと文化賞受賞のほか、播磨木工芸保存会会長など播磨の木工芸のために功績を残しました。
姫路市書写の里・美術工芸館で開催の特別展示「姫路の名工・大村雲谷没後30年 木との対話」では、そのさまざまな作品群から雲谷氏の技と魅力に迫ります。
会期中は9月6日(日)・21日(月・祝)14時~展示解説会が、9月27日(日)13時30分~は体験教室「煎茶を楽しむ」(300円、9月17日(木)までに要事前申し込み)、10月4日(日)13時30分~には勉強会「雲谷さんの手仕事をたどる」も開催予定です。参加方法など詳細は下記HPにてご確認ください。

黒柿材茄子香枕/縞柿材松毬帯留/黄楊材南京豆香枕(寄託品)(寄託品)

▼日時=2015年9月4日(金)~10月12日(月・祝)
10時~17時(入館は16時30分まで)
▼休館=月曜(9月21日、10月12日は開館)・9月24日(木)
▼場所=「姫路市書写の里・美術工芸館」
姫路駅下車神姫バス「書写山ロープウェイ」行きで終点バス停徒歩約3分
▼料金=一般/300円 大高校生/200円 中小学生/50円
◎身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および介護者1名は無料

※予定が変更される場合があります。詳細はお問い合わせを。

関連キーワード:

Pocket
LINEで送る