女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2015年9月4日

特別展 浮世絵恋物語 ~浮いた話のひとつふたつ 

関連キーワード:

Pocket
LINEで送る

芦屋市立美術博物館

歌川国貞(三代目歌川豊国)「吾妻源氏見立五節句 皐月」
安政2(1855)年 片岡家蔵

浮世絵版画には、町の美女や歌舞伎役者から貴族・姫君など、江戸時代の美意識を反映した美男美女が数多く登場します。そこに描かれる恋物語は、まさに江戸文化を物語るものでした。
芦屋市立美術博物館で開催中の「特別展 浮世絵恋物語~浮いた話のひとつふたつ」では、そんな浮世絵を通してさまざまな恋のエピソードを特集しています。
喜多川歌麿、歌川広重、葛飾北斎、歌川国芳などそうそうたる名画を展示。「仮名手本忠臣蔵」や「心中天網島」など、複雑な男女の恋愛が盛り込まれ、人々の心に訴えかけた「仇討ち物」や「心中物」から、江戸時代当時の社会を紹介しています。
期間中、9月12日(土)14時~講演会、9月20日(日)14時~マリンバデュオとピアノコンサート、10月4日(日)14時~木版画ワークショップ(9月25日までに要申し込み)、10月12日(月・祝)14時~講座、8月30日(日)・9月6日(日)・10月31日(土)・11月15日(日)14時~シリーズ講座が予定されています。参加方法など詳細は下記HPにてご確認ください。

月岡芳年 「新撰東錦絵 生嶋新五郎之話」 
明治16(1883)年 片岡家蔵

▼日時=2015年8月12日(水) ~11月15日(日)
10時~17時(入館は16時30分まで)
▼休館=月曜(祝日の場合は翌火曜休館)※ただし10月5日は開館
▼場所=「芦屋市立美術博物館」
阪神電車「芦屋駅」下車阪急バス「緑町(美術博物館前)」バス停下車
▼料金=一般/1000円、大高校生/500円、中学生以下/無料
◎高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびにその介護の方は各当日料金の半額
※11月14日(土)・15日(日)は関西文化の日によりどなたでも無料

※予定が変更される場合があります。詳細はお問い合わせを。

関連キーワード:

Pocket
LINEで送る