女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2015年9月6日

秋季特別展禅僧と茶道具―大徳寺を中心に―

関連キーワード:

Pocket
LINEで送る

湯木美術館

千家名物 黄瀬戸建水 銘 利休大脇指 千利休・玉舟宗璠所持、紀州徳川家伝来

「茶禅一味」の言葉があるように、茶の湯は禅宗から作法・生活スタイルなどその精神性に大きく影響を受けています。両者は密接な関係にありながら、その実際はまだ明らかにされていません。
湯木美術館で開催中の秋季特別展「禅僧と茶道具―大徳寺を中心に―」では、「禅僧」と「茶人」という担い手の視点、さらに両者が実際に創り出し、使用した茶道具を通してその関係性を探ります。禅僧のもとで修行を重ね、独自の茶の湯の世界を形作った茶人たち。一方、茶会を開いたり茶道具の製作にもかかわった江月宗玩や玉舟宗璠など、茶の湯に親しんた禅僧たちも現れてきました。江戸時代の禅僧が所持・創作した茶道具、禅僧のもとで修行を積んだ茶人にまつわる茶道具約60点(前後期合計)を通して、禅僧がどのように茶の湯に関係したかを探る展覧会です。

和田國次作 茶飯釜
清巌宗渭文字鋳込 銭屋宗徳所持

▼日時=2015年9月1日(火)~12月20日(日)
(前期/9月1日(火)~10月25日(日)、後期/10月28日(水)~12月20日(日))
10時~16時30分(9月4日(金)・10月2日(金)・11月6日(金)・12月4日(金)は19時まで、入館は各閉館の30分前まで)
▼休館=月曜(9月21日・10月12日・11月2日・11月23日は開館)、9月24日(木)・10月13日(火)・10月27日(火)・11月24日(火)
▼場所=「湯木美術館」
地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」下車13番出口より南へ徒歩約6分
▼料金=一般/700円 大学生/400円 高校生/300円

※予定が変更される場合があります。詳細はお問い合わせを。

関連キーワード:

Pocket
LINEで送る