女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2015年9月13日

秋季特別展 俳画のたのしみ 近世編

Pocket
LINEで送る

公益財団法人 柿衞文庫

宗因筆「ながむとて」句画賛 西鶴画
花見西行偃息図(柿衞文庫蔵)

柿衞文庫の創設者・岡田利兵衞は俳文学者でもあり、研究が遅れていた俳画に注目、俳画を定義づけたことでも知られています。 俳画の祖とされる立圃(りゅうほ)、浮世世俗を描き出した西鶴、精神性も追求した芭蕉、専門画人として一流を確立した蕪村、独自な味わいの一茶…。同館で開催中の「秋季特別展 俳画のたのしみ 近世編」では個性豊かな俳画約100点を展示、俳諧とともにあった俳画の世界が紹介されています。 期間中、9月19日(土)13時30分~記念講演会(500円、事前申し込み必要)、9月12日・10月3日(土)13時30分~関連講座(1,500円 、事前申し込み必要)も予定されています。

角上「茶に菜種」句自画賛 
立臼図(個人蔵)

▼日時=2015年9月12日(土)~10月25日(日)
10時~8時(入館は17時30分まで)
▼休館=月曜(9月21日・10月12日は開館、9月24日・10月13日休館)
▼場所=「公益財団法人柿衞文庫」
JR宝塚線伊丹駅下車西へ徒歩約7分
▼料金=一般/700円 大高校生/450円 中小学生/350円
◎兵庫県内の中小生は無料

※予定が変更される場合があります。詳細はお問い合わせを。

Pocket
LINEで送る