女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

トピックス

2015年10月3日

無くした希望…でも漢方なら対応できることもある!痛みと闘う薬局店 漢方相談 あうん堂薬局

Pocket
LINEで送る

兵庫県加古川市野口町良野154-13

漢方相談 あうん堂薬局

「常識」にも間違いが、「非常識」にも正解がある

お医者様でもわからない症状、あきらめている病気…。これだけ医学が進歩しても、解決できない悩みはたくさんあります。最新医学が見つけられない解決への突破口、それは古来から伝わる東洋医学にあるのかもしれません。
兵庫県加古川市の「漢方相談 あうん堂薬局」は、一人一人の症状に合わせた漢方を処方してくれる、煎じ薬とエキス剤専門の漢方相談薬局です。店長の梅田さんは市民病院の薬剤部勤務も経験された、いわば西洋医薬品のエキスパートでもあります。
「病院でいろいろ学んだことで、さらに東洋医学の大切さを感じました。例えば薬を通しての作用や体の反応。お医者様の薬と漢方では違いがあります。なぜ違うか、どんな効果が違うのか、私なりに比較検討しました」。
梅田さんが出した答えのひとつが「常識といわれている中にも、大間違いがある。また、非常識と思われている中にも大正解がある」ということでした。
「世の中には、病気で希望をなくしている方も多くおられます。でも漢方の世界ではそれに対応できることもあります。ですから、一度漢方の扉をノックしてください」。”

漢方&西洋薬学のプロが生活まで丁寧にアドバイス

あうん堂薬局では、ただ漢方を売るだけではなく、食生活や生活スタイルまで丁寧にアドバイス。さらに心の状態も考えて、気持ちに無理のない療法を指導してくれます。痛み、不調、皮膚トラブル、不妊、女性の悩み、ガンなど様々な悩みにーの相談に乗ってくれます。
「東洋医学とは、自然界のおきてや養生訓など、いろんなことを教えてくれる医学。自然の力を取り入れることが、人の体や心を強くしてくれます」。
こうした考えから、自然豊かな丹波でも美と元気をテーマに店舗(丹波いやしのガーデン)を開き、野草クッキー・野草パンをはじめ自然食品や旬の野菜も扱っているとのこと。
「当店は痛みと闘う漢方薬局です。あきらめず、まずご相談ください。お一人お一人時間をとってカウンセリングさせていただきますので、ご予約優先となっております。まずはお電話ください」。

Pocket
LINEで送る