女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

イベントガイド

2015年10月11日

正木孝之生誕120周年記念 特別展 雪月花ー二つの白氏詩巻とともに

Pocket
LINEで送る

正木美術館

国宝 三体白氏詩巻 
小野道風筆 平安時代

正木美術館では泉州が生んだ稀代のコレクター・正木孝之のコレクションから、「雪月花」をテーマとした特別展「雪月花ー二つの白氏詩巻とともに」が開催中です。
雪月花とは日本の伝統的な美意識。中国唐代の詩人・白居易(白楽天)の詩によって強く意識されるようになりました。
平安三蹟の二人・小野道風と藤原行成もまた白居易の影響を強く受け、「雪月花」という美意識を受けて詩集「白氏文集」を揮毫しました。
同展では同館コレクションが誇る国宝、小野道風と藤原行成による二つの白氏詩巻を中心に、雪月花の美意識が備わった水墨画・墨蹟・漆工品など、雪月花あ表現された作品が紹介されています。
期間中11月21日(土)14時~講演会、学芸員のギャラリートークが10月24日(土)・11月22日(日)・12月13日(日)・1月17日(日)14時~なども予定されています。参加方法などの詳細は下記HPにてご確認ください。

国宝 後嵯峨院本白氏詩巻 
藤原行成筆 平安時代

▼日時=2015年10月10日(土)~2016年1月24日(日)
10時~16時30分(入館は16時まで)
※11月7日(土)・14日(土)は夜間開館で20時まで(入館は19時30分まで)
▼休館=水曜・11月24日・26日・12月21日~2016年1月6日
▼場所=「公益財団法人 正木美術館」南海本線「忠岡駅」下車徒歩約13分
▼料金=一般/500円 大高校生/400円 中小学生/300円

※予定が変更される場合があります。詳細はお問い合わせを。

Pocket
LINEで送る