女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

特集「更けゆく秋はスパニッシュミステリー」

2015年10月18日

特集「更けゆく秋はスパニッシュミステリー」
サイコ・シスター~呪われた修道女~(2005年 ホラー映画)

Pocket
LINEで送る

監督 ルイス・デラ・マドリッド

出演 アニタ・ブリエム

少女たちの犯罪 

正統派怨霊映画。アレコレ文句をつけていけば「しょせんただの怨霊映画」かもしれませんが、各論はともかく、総論としてグッド。主演のアニタ・ブリエムは当時23歳、暗い過去をもって産まれた女の子の哀感を、ちょっとした表情によくだしていました。それとDVDのパッケージの修道女、ベレン・ブランコのアップ。映画を見るより先に強烈な恐怖の予感。この人が怨霊となって跳梁跋扈するのです、が、そこにいたるまで脇道にはいり、横道をたどり、下り坂に上り坂、まさかの坂をこまごまこしらえて、小技をきかせながらひっぱっていく構成は、かなりよくできていると思えます。かなり、というのはところどころ、たとえばエヴァ(アニタ・ブルエム)の高校のパーティの模様が延々と続くのは、伏線でもなく、時間の無駄だわ▼場所はバルセロナの修道院。田舎なのでしょうね、院長兼校長兼先生の修道女ウルスラがひとりで切り盛りしている。彼女の厳格さに生徒つまりコドモ修道女たちは辟易。隠れてタバコを吸い悪口でウサを晴らす。生徒がたった6人です。彼女らの名前がマリア、ゾーイ、クリスティーナ、ジャンヌ、スーザン、エウラリア。この全員が殺されちゃう。いちばん先にノドをかき切られて死ぬのがイヴの母親、マリアだ。その夜マリアは翌朝バルセロナに発つつもりで荷物をまとめていた。妙な気配がして家の中をみてまわる。「イヴなの?」と聞いても返事はない。台所の蛇口から水が流れている。栓を締める。空気が動く。母親の悲鳴。パーティから帰ってきたイヴは、修道女のコスチュームを着た黒い影が窓から風のように飛び出すのをみる。台所には母親の惨殺死体。かなりショッキングな幕開きです。警察は自殺と断定。イヴの目撃証言を聞いても、修道女が一瞬にして窓から消えるとは信じません▼エンドにいたるまでの引っ張り方がうまいから、ネタバレしても安心して見ておれます。オープニング早々、修道女の怨霊は姿を現して母親を殺しちゃう。下手人はこの修道女だとばらしたうえで、じわじわ真相に迫るわけよ。その真相が二重底になっている。マリアを折檻する院長が映ります。けしからんことをしたとお怒りである。ものすごい水圧のホースをマリアの股間にさしこんでいる。けしからんことの察しがつきます。クラスメートがどやどややってきて、院長をとめるが、普段の腹いせに院長をバスタブに水漬けにし、おとなしくしろと頭を抑えていたら死んじゃった。池に放り込んじゃえ、とドブン。ひどいガキどもであります。さて場面は現在。マリアの葬儀に参列した元級友のひとりは話があるとイヴに近づく。会うはずのホテルにイヴが行くと、両手を切断された姿で死んでいた。残る4人の級友は、彼女らの名前と同じ守護聖人の殺され方で死にます。炉で焼死、壁にはりつけ、モリで射抜かれるなど。犯行現場には必ず水が出る。母親の死の謎を追って、親友とそのボーイフレンドといっしょにバルセロナにきたイヴたちは、一連の惨劇はシスター・ウルスラの復讐である、彼女は水で死んだのだから水に入れたら死ぬだろうという結論に達し、地下室に水を張って、イヴを追っているウルスラをおびきよせることにする▼なんでイヴが目的かというと、イヴこそマリアが産み落とした子であり、あるときイヴは母親のウルスラ殺しを知り、自分で自分の記憶を封印し、記憶喪失となったのです。ところが宅地開発で死体を沈めた池が埋め立てられ、ウルスラが蘇り、イヴに取り憑いた、イヴは体をのっとられ無意識のうちに、ウルスラの復讐の手段としてかつての修道女を、母親も含め、殺してきたというわけ。罪もない子供の魂に乗っかって、復讐を遂げるシスターもシスターです。イヴがかわいそうだったわ。自分で自分の胸をモリで刺して、水中に沈んでいるラストのイヴの姿は幽玄でやるせない。神に仕える修道女なら罪を許してやるのが本来の仕事だろうと思いますが、そうはいかないやつってどの世界にもいるのね。イヴの母親は児童虐待よ。幼いイヴが本をみていると(守護天使たちの処刑が絵に描いてある)、声高に用をいいつけ呼び立て、お前のおかげで自分はひどい目にあったのだと怨み言を吐く。妊娠したのはイヴのせいか? だからイヴは物心ついてから、楽しい思い出ってなかったのね。スペイン映画だけではないけど、ヨーロッパの映画っておしなべて「アンチ・ハッピーエンド」(反ハリウッド)を平気でやりますね。

Pocket
LINEで送る