女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

特集「更けゆく秋はスパニッシュミステリー」

2015年10月22日

特集「更けゆく秋はスパニッシュミステリー」
ブラック・ブレッド(2012年 ミステリー映画)

Pocket
LINEで送る

監督 アグスティ・ビリャロンガ

出演 ロジェール・カサマジョール/ノラ・ナバス

大人はつらいよ… 

どうにも好きになれないわね、このクソガキ。尊敬していた大好きなパパは、嘘つきの人殺しだった、ママはいやらしい町長の、弄ばれ者になった、大人は信用出来ない、金もない、地位もない貧乏人の反体制派の息子は、チャンスを与えてくれたのがたとえ仇であろうと、うまく乗じてサクセスするのだ、過去は振り返らない。母親? 荷物を運んできた知らないおばさんだよ…手短にいうと以上が本作の主人公、少年アンドレウの心の軌跡です。時代は1940年代。スペインの内戦が終息したカタルーニャの山村。ディオニスと息子クレットの親子が馬車ごと谷に突き落とされ、殺された。瀕死のクレットに出会ったアンドレアは、彼が言った「ピトルリウア」という名を聞き取る▼洞窟にすむ怪物の名前なのですけどね。そんなことはどうでもよろしい、それでなくとも覚えきれないややこしい名前が、よけい話をややこしくします。少年はこの事件の調査が進むにつれ、暴露されていった「大人の汚い世界」を知り、すっかり世の中を、そして父も母も嫌いになり、すねまくった、いやな性格になります。それまではね、貧しくても幸せな家庭で、両親は愛しあい、少年は仲のいい父と母がうれしく、家には笑いが絶えなかった。ある日父親は殺人容疑で逮捕された。彼は金のために町の有力者・金持ちおばさんのマヌベンスの命令でゲイの男性のあそこをちょん切る暴挙に加わり、崖から親子を転落死させた。金持ちは町長を抱き込んで知らんふり。父親に悪者を押し付けたのね。母親は夫の無実をはらそうと奔走するけれど、もともと母親に横恋慕していた町長は、嘆願にきた母親を、これさいわいてごめにしてしまう。それを少年が盗み見した。パパにせよ、ままにせよ、大人って口ばっかりきれいなこと言って、信用出来ない、となってしまった。子供のことだから思い込んだら短兵急なのね。もう少し待ってやれよといいたかったけど▼そもそも黒幕はマルベンス夫人なのよ。彼女は財産を横取りするため、相続人である弟の殺人をディオニスに指示して殺させた、ディオニスが欲をだして夫人を脅迫するようになったので、少年の父親に殺させた。父親はなんでそんなことを引き受けたかというと、医者になりたい息子の願いを叶えさせるために大学へやらせたかったのよ。ディオニスというのがけっこうなワルなのです。マルセルというゲイの青年をリンチにかけ、それも男たちが寄って集ってマルセルを洞窟に引きずり込み、裸にして下半身を露出させ、睾丸をひもでしばって左右から思い切り引き絞るという、野蛮というか、おぞましいというか、むちゃくちゃな暴行を加えたのよ。左右のひもをひっぱったのがディオニスと少年の父親だ。脅すだけでほんとにはちょんぎらないはずだったのに、ディオニスが残虐にも本気でやっちゃったのよ。父親は死刑と決まる。彼は一通の手紙を「マヌベンスに渡せ」と妻に託す。一読した夫人は「アンドレアを養子に迎え、将来学校にいかせてもいいわ」▼少年は裕福な家にひきとられ、良家の子弟がいく上級学校に進学する。父親は死刑となり葬られた。ある日母親が学校へ面会にいくと「遠いからここへはこなくてもいい」と息子はつれない。母親は貧乏とはゆえ、子供を手放した負い目がある。ハムや果物を持って会いにきたのに、ニコリともしない息子を見て、自分や夫をもう愛していないとわかる。別れ際に母親は「父さんの手紙に書いてあった。息子を養子にして勉強させるなら、あんたのしたことはなにもバラさないと。お前の将来のために、父さんは体を張ったのだよ」。息子は無表情に聞き流す。とぼとぼと帰る母親の背に一瞥もくれず、「誰だった?」と級友にきかれ「荷物を届けにきた人」と答える。思春期の一過性のものだとは思いたいけど、心が歪んだままで、こんな情のないやつが、はたして人助けできる医者になれるのでしょうかね。どこかで気がつくのを祈るしかないわ▼主軸のストーリーは以上だけど、それにまつわって、森のなかを走る全裸の美しい青年が、結核療養のため修道院にいるとか、手榴弾で左手を失った少年の従姉が早熟で、少年をセックスに誘うとか、冒頭の「ピトルリウア」もそのひとつだけど、下手打つと「な~んだ、要は少年期独特の思い込みの激しさってことね」で終わってしまったかもしれない物語に謎を与え、起伏と変化にとませました。だいたいスペインのサスペンスとホラーといえば、子供にからむ傑作がいくつか思い浮かびますが、本作も敢闘賞ものです。ブラック・ブレッドとは「黒パン」です。貧しいために少年は白いパンを食べられなかった。貧困とそれを招いた内戦という、スペインの暗部が背景にあります。

Pocket
LINEで送る