女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

トピックス

2015年10月17日

マイナンバー制度についてちょっと調べてみました

Pocket
LINEで送る

「個人番号カード」を取得する

マイナンバーはどういう場面で使用するのか?何が便利なのか?

「個人番号カード」を取得する

前回は、マイナンバーの「通知カード」が届くまでについてご紹介しました。くれぐれも「通知カード」は大事に保管‥。でしたね。

 

さて今回は、その後どうすればいいのか?です。

 

「通知カード」と一緒に個人番号カードの申請書と、返信用封筒が入っているので、顔写真を貼り、返信するか、オンラインでの申請すれば個人番号カードが作れます。

申請した個人番号カードは、平成28年1月以降本人が市町村の窓口で受け取れます。

 

個人番号カードは必ずしも取得しなければならないものではなく、ちょっとややこしいのですが、通知カードさえあれば、番号がわかるので各種手続きはできます。

 

ただし、通知カードには写真がないので、本人確認できる免許書などが別途必要になります。個人番号カードには顔写真がついているので、このカードさえあれば保険証や免許証を用意しなくても手続きができるところは便利です。

 

マイナンバーはどういう場面で使用するのか?何が便利なのか?

来年1月以降
年金や健康保険などの社会保障
確定申告など税金関連
防災対策や災害で被害を受けた際の手続き
の3つで、マイナンバーで手続きや照会が可能になります。勤務先の企業にも番号を提出しなければなりません。

 

また、個人番号カードを作っておけば、
●ICチップに記録される電子証明書を用いて、e-Taxなどの電子申請をおこなえる
●図書館利用や印鑑証明書など、自治体が条例で定めるサービスにも利用できる
●コンビニなどで、住民票などの証明書が取得できる。
と、いろいろなサービスが利用できます。

 

将来的にも、各種民間オンライン取引や講座解説、引っ越し手続きをワンストップで行なえる、など様々な使い道が検討されているみたいです。

 

引っ越し手続きは、いちいちいろんなところに電話したり、変更届を出しに行ったりと、面倒くさいので、ワンストップになると嬉しいが、引っ越さない人には関係ないかな。

 

始まってみなきゃわからないですが、役所の申請業務が迅速になる事を熱烈希望!

Pocket
LINEで送る