女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

グルメ

2015年10月21日

ミシュランガイド2016京都・大阪・奈良・兵庫関西圏のセレクションを発表

Pocket
LINEで送る

ミシュランガイド2016

関西圏のセレクション発表

たかが星、されど星 、それでもやっぱり3つ星レストランには行ってみたい

今年も日本ミシュランタイヤ株式会社より、関西圏のセレクションが発表されました。「ミシュランガイド京都・大阪2016」と「ミシュランガイド兵庫2016特別版」それに公式WEBサイト「クラブミシュラン」のみで発表となる、「ミシュランガイド奈良2016」です。

京都・大阪のエリアでは、11軒の三つ星店が発表されましたが、新しく三つ星となったお店は今回はなしでした。二つ星には45軒、一つ星には133軒、ビブグルマンには205軒の飲食店レストランが初登場し、お好み焼き、たこ焼き、うどんなど粉もん文化華やかな関西らしいお店が多数並びました。

また、ローカルフードで持ち帰り利用が多いお店として「ストリートフード」というカテゴリーが登場し、たこ焼き店が11軒掲載されました。たこ焼き店の登場は、日本で初めてということです。

今回、神戸のエリアは「ミシュランガイド兵庫2016特別版」としてエリアを広げて発行され、飲食店・レストランが411軒、宿泊施設が145軒掲載されています。

世界中どこでも同じ価値を持つ、ミシュランの星

かねてより、ミシュランの調査員って、何人いるのか疑問でした。京都・大阪だけでも500軒以上が掲載されているのに、兵庫や奈良もあり、東京や福岡もあるというのに、日本では全部で8人ということらしい。

全てを回るのはかなりハードだと思いますが、他のお客様と同様に、お金を支払い料理を食べて、評価基準に照らし合わせて、評価するといいます。

評価基準とは、素材の質調理技術の高さと味付けの完成度料理の独創性コストパフォーマンス常に安定した料理の一貫性 の5つで、あらゆる種類の料理に適応されます。

今回、関西エリアのセレクションに登場した、ビブグルマンとは、星はつかないけれど、5000円以下でコストパフォーマンスが高く、上質なお料理を提供するお店。
三つ星はなかなか行けないけど、ビブグルマンのお店なら気軽です。

何はともあれ、料理とは、食べる人の好みで美味い不味いが分かれるのも事実。プロが厳正な基準で、評価したミシュランの星は、どんな人にも一つの指針となることは間違いなさそうです。

Pocket
LINEで送る