女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

シネマ365日

2015年11月6日

特集「もてるにもホドがある70代」カトリーヌ・ドヌーヴ⑥
ロシュフォールの恋人たち(1967年 ミュージカル映画)

Pocket
LINEで送る

監督 ジャック・ドゥミ

出演 カトリーヌ・ドヌーヴ/フランソワーズ・ドルレアック/ジョージ・チャキリス

シネマ365日 No.1561

19歳、未婚の母 

特集「もてるにもホドがある70代」カトリーヌ・ドヌーヴ②

カトリーヌ・ドヌーヴは19歳で長男クリスチャンを産んでいます。だから「シェルブールの雨傘」のときも本作のときも、立派な子持ちでして、その点では婚約はしたけれど結婚に至らなかった姉ドルレアックとは対照的でした。本作は「幸福な映画を撮ろう」と、ジャック・ドゥミ監督は決めていた通り、幸福度100%の映画です。とくにゴチャゴチャ付け加えることはございません。ヒロインは双子の姉妹、姉ソランジュ(フランソワーズ・ドルレアック)と、妹デルフィーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)です。母親にダニエル・ダリュー、その恋人にミシェル・ピコリ、町でソランジュが出会うアメリカ人にジーン・ケリー、港町ロシュフォールにやってきたイベント屋エチエンヌにジョージ・チャキリス。さすが「シェルブール」で大ヒットを飛ばしたあとはちがいますね。相変わらずドヌーヴはフランス人形みたいなあどけないスタイルですが、子供だと思っていたらドキッとした、というようなシーンもあります。目下交際中の恋人との仲が進展せず、嫌気のさしたデルフィーヌが男にきく。「ほしいのはわたしの肉体?」ハッキリいったものです。ドヌーヴはこのとき24歳、本作に続いて出演したのが同じ年の「昼顔」でした。この映画ときたらお人形さんどころではない(笑)。少女と娼婦、お人形さんとビッチという二面性をドヌーヴはすでに立派に体現している。そう思えば「わたしの肉体?」なんてセリフ、軽いものです▼ロシュフォールには「ジャック・ドゥミ通り」と「フランソワーズ・ドルレアック広場」があります。公開25周年を記念して、当時の関係者が招かれ、故人となっていたふたりの名前を町の記念にしたのです。もちろんドヌーヴも出席し「辛いけどがまんしなくちゃ」というようなことを言っていたと思います(本作完成直後、姉が事故死している)。劇中「君は美人だね」に「よく言われるわ」とドヌーヴ。女なら一度は言ってみたいこの「返し」は、ドヌーヴ映画の定番です。61歳で出演した「キングス&クィーン」で「あなたはきれいだ」と見つめられたドヌーヴが、ニコリともせず「よく言われるわ」と返すのです(笑)。幸福な映画の幸福度をいくら書き出しても退屈なだけしょうから、エピソード・フェチでいきます。ドルレアックが落とした楽譜をいっしょに拾うおじさんがジーン・ケリーです。どこかもっさりした小太りのおじさんという風情で登場しますが、彼がいったん踊りだすとマアその見事なこと。タップのキレ、しなやかにして鋭い体の軽やかさ。ドヌーヴもドルレアックも、ダンスには3ヶ月みっちりレッスンを積んだといいますが、悪いけどジーン・ケリーの前ではかすんでいます▼とくれば、もうひとりのダンスのプリンス、チャキリスも書かなくちゃ。「ウェスト・サイド物語」はフランスでも大ヒットし、本作の出演者にチャキリスとジーン・ケリーの名前があったから、銀行は融資をOKしたと監督は言っています。チャキリスがロシュフォールに到着し、広場で最初の群舞に加わる。でもウェスト・サイドには及ばない、というよりここはロバート・ワイズとジャック・ドゥミという監督の好みのちがいだと思えます。ワイズはダンスを(なんせ振り付けは悪夢のような練習魔ジェローム・ロビンスでした)、ドゥミは町を撮りたかったのだと思うのです。ロシュフォールも軍の建物が残る港町で、ドゥミの愛するナントやシェルブールと同じ、美しい地方都市でした。ふりかえれば今でもだれかが通りで踊っているような町です。チャキリスはアメリカとヨーロッパを往復する公演活動を、2000年初頭まで続けていましたが、愛犬の死をきっかけにアクセサリー工房で仕事をする時間を、つまり自宅にいる時間をふやしてきました。もし自分がもっと家にいたら、愛犬とすごす時間がたくさんあったという後悔からだそうです▼ドヌーヴの女優生活で姉との死別は大きかった。なにも知らない少女を女に作り変えたのはロジェ・バディムだったでしょうが、バディムとの離別を支えてくれたのは姉だった。あのとき姉がいてくれてよかったと、しみじみドヌーヴは語っていました。ドヌーヴには根っからのLGBTフレンドリーな面があります。ドヌーヴとは19歳で未婚の母となった女です。選択にはどこかキッパリと迷いのないものがあり、それがなければあの美貌も力を失ったと思える性格が。彼女を大女優にした根っこの部分には、世間に惑わされる自分を軽蔑する、強烈な自我を隠しているように思えます。

Pocket
LINEで送る