女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

イベントガイド

2015年10月30日

東日本大震災。その日、何が失われたのか知っていますか?
世界で唯一「震災前」を撮ったドキュメンタリー映画

Pocket
LINEで送る

我妻和樹監督「波伝谷に生きる人びと」

 

 

2011年3月11日、東日本大震災。 震災後、被災地を舞台にしたドキュメンタリー映画が数多く作られましたが、「その日まで」を追った記録はありません。

「被災地」と呼ばれる場所にどんな人が生き、どんな日常があったのか…。世界で唯一、それを伝えてくれるのが我妻和樹監督「波伝谷に生きる人びと」です。

 

 

被災した小さな漁村
「その日」までの日常の記録

消滅した小さな漁村 「その日」までの日常の記録

映画の舞台は波伝谷という小さな漁村。この村は東日本大震災の津波により壊滅してしまいました。

当時、監督の我妻和樹さんは東北学院大学で、宮城県本吉郡南三陸町戸倉地区波伝谷での民俗調査に参加、2008年3月、卒業と共に現地のドキュメンタリー映画作製を開始しました。

 

豊かな海と山、漁業や養殖、農業を営み、暮らす人々…。そこにあるのは、私達と何も変わらないごく「普通の」日常です。

 

そして2011年3月11日、我妻さんは映画試写会の打合せに波伝谷に向かったのです…。

 

 

2014年度日本映画ペンクラブ賞受賞
11月大阪・京都・神戸で公開決定!

この映画は昨年夏、「震災3年を機に、沿岸部全体で被災地の未来について考えたい」との我妻さん思いから、宮城県沿岸部11カ所での縦断上映会を開催。さらにぴあフィルムフェスティバルPFFアワード2014で「日本映画ペンクラブ賞」を受賞。年内に全国各地での公開も決定しています。

 

美しい東北の自然と、淡々と描かれる人々の暮らし。そこには失われてしまった日本の「むら」の姿があります。

震災が消してしまったのは、ただの一つの自治体だけだったのでしょうか。そして被災の現実とはどんな姿なのでしょうか。

 

地震や噴火、水害と、これまでにない危機を感じている私達にとって、この映画は何を教えてくれるのか。

 

関西では以下の日程で公開されます。ぜひ一度、ご自身の目でご観覧ください!

 

 

『波伝谷に生きる人びと』
『波伝谷に生きる人びと』
ピーストゥリー・プロダクツ製作/2014 年/日本/
HD カラー/16:9/135分/PFF アワード2014「日本映画ペンクラブ賞」

■関西公開日程
 <劇場公開>
大阪 シネ・ヌーヴォ
10月31日(土)~11月13日(金)10:20~
京都 立誠シネマ
11月7日(土)~11月13日(金)13:00~
11月14日(土)~11月20日(金)15:00~
 <映画祭>
神戸 100年映画祭 11月14日(土)16:30~
公式サイト
http://hadenyaniikiru.wix.com/peacetree


お問い合わせ

ピーストゥリー・プロダクツ

我妻和樹

peacetree_products@yahoo.co.jp

Pocket
LINEで送る