女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

トピックス

2015年11月6日

ゲイの世界がわかる!ゲイ・エッセイ集『オトコに恋するオトコたち』発売

Pocket
LINEで送る

ゲイ・ワールドの秘密を凝縮!

11月10日、株式会社リットーミュージックが今月5月にスタートさせた新レーベル“立東舎”より書籍『オトコに恋するオトコたち 誰も教えてくれなかったセクシュアル・マイノリティの世界』(本体1,200円+税/四六判・208ページ/立東舎発行/リットーミュージック発売)が発売されます。

 

「オネエタレント」さんがテレビの世界でも活躍されたりして、オネエやゲイやレズビアンなどの言葉もよく耳にするようになりました。しかし、どう分類されているのか、どう呼べばいいのか、わからないことも多々あります。だからと言って、聞くに聞けないのが、このゲイの世界。そんな「気になってもなかなか知る機会のない」ゲイ・ワールドについて、赤裸々に語ってくれたのが、このゲイ・エッセイ集『オトコに恋するオトコたち』なのです。

 

著者はゲイ雑誌『薔薇族』の二代目編集長・竜超氏。「オネエ言葉ってみんな使うの?」「女装するの?」「ゲイバーってどんなところ?」といった素朴な疑問から、新宿二丁目のリアル、ゲイから見たBLまで、今まで語られてこなかった魅惑のゲイ・ワールドの秘密が1冊にぎゅっと凝縮されています。 用語解説もついているので、当事者でないノンケでもLGBTでも安心して楽しみながら読み進められますよ。カバーイラストは人気マンガ家・紗久楽さわ氏の書きおろしで、巻末付録には『薔薇族』イラストレーターのいぬお氏のエッセイマンガも収録されています。

ゲイやレズビアンが気になる方へ…

少し中身を覗いてみましょう。まえがき「ゲイとかレズビアンとか、そういうものが何となく気になるみなさまへ」と見た途端、「そういえば私も気になる…」と改めて確信する方も多いのではないでしょうか。「TVでセクマイが活躍できるのは美輪明宏さんのおかげ?」「“オネエ御意見番”がTVにたくさんいるのはどうして?」「そもそもゲイとかホモとかって呼んでいいの?」「女子がゲイバーに行ってもいいの?」「Gは一瞬で相手が“お仲間”かどうかわかるの?」「Gポルノも発禁になるの?」「同性パートナーシップ条例ってなに?」など、様々な視点からゲイの世界を紐解きます。本の詳しい紹介は、こちらから!

発売記念トークイベント、開催!

12月4日(金)20時~、同書の発売を記念して、「本屋B&B(東京都 世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)」にてトークイベントが開催されます。著者・竜超氏と、カバーイラストを担当したマンガ家・紗久楽さわ氏と対談が行われます。特別ゲストには伊藤文学氏を予定(予告なく変更の場合あり)料金は、2,000円(前売1,500円+1ド リンク500円)。詳細&ご予約はこちらから!

Pocket
LINEで送る