女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月8日

ダイ・ハード(1988年) Die Hard (1988)

Pocket
LINEで送る

監督:ジョン・マクティアナン/Director: John McTiernan
出演 ブルース・ウィリス、ボニー・ベディリア/Starring: Bruce Willis‚ Bonnie Bedelia

じつはセクシーなマクレーン刑事

 「ダイ・ハード」はシリーズ化され「4」までつくられる。主人公の基本スタンスは4作を通し「100対ゼロの完全劣勢の戦いに、拳銃一丁(本作ではベレッタM92)、頭脳と経験を駆使して一人で挑む」「劇中必ず自己の不運を呪う台詞を吐く」であるが、第一作公開時は、これが新鮮だった。スーパーマンでもなくヒーロータイプでもない、全然有名でない市警の刑事が、たまたま巻き込まれた事件で「なんでおれがこんな目にあわなきゃいけないのだ」とボヤキながら、テロリストたちを相手に、こつこつ劣勢を覆していく▼主役候補にはアーノルドー・シュワルツネガー、シルベスタ・スタローン、バート・レイノルズ、リチャード・ギアがあがり、ギアが最有力だった。ということから推察しても、マクレーン刑事は筋骨粒々の偉丈夫とは、最初から設定されていなかったのだろう。しかし今からみると23年前になるこの映画、マクレーンはブルース以外に考えられない「はまり役」になった▼どこが、というとあの喋り方である。大げさでなく、陰気ではなく、顔は無愛想なのに感情のこもった声で、ぼそぼそと独り言のように話す。美男でもなくマッチョでもないのに、豊かな声の表情が、妙に彼をセクシーにさせるのである。悪党らと喋るときも声のトーンは変わらない。敢えて変えないのだ。ワルども相手にいちいち声がふるえたり、裏返ったりするようでは警官失格である。彼が仕事熱心で敏腕の刑事であることは、一瞥してにせの免許証を見抜くなど、監督は目立たせていないがリアルに、きちんと伝えている▼たとえば拳銃の扱いだ。被害者を装って、マクレーンに保護を求めるテログループのリーダーに、マクレーンは騙されたふりをして護身用に銃を渡す。マクレーンが無造作に安全装置をはずすときに、拳銃の感触を熟知している手つきがいい(じつはこの銃は実弾が入っていないのだ)。ガラスの破片が散乱するフロアを、はだしで走るブルースの身ごなしが軽快であることも、スピード感をいやます。これがあるからラストの、ズタズタに痛めた足を引きずりながら、ゆっくりと犯人に迫るシーンが生きてくる▼ストーリーとは関係ないが、ナカトミビルの豪華なパーティーや日本人役員の顔ぶれをみて、ある種の感慨がないだろうか。ときはバブルの最盛期。やれやれ、日本はこう見られていたのですね。

In truth a sexy detective McClane

Die Hard was made into a four-part series. The basic stance of the hero throughout the four is: “a hundred to nil completely inferior battle with a single gun (in this film‚ the Baretta M92); one man making use of his brains and experience to defy the odds”. During the film he always utters phrases that curse his own misfortune‚ but when the first film was released‚ this was fresh. Not Superman‚ or a hero type; a completely unknown city detective that just happened to get caught up in trouble‚ complaining “Why does this have to happen to me?” and gradually turning the tables on the terrorists.
Candidates that came up for the lead role were Arnold Schwarzenegger‚ Silvester Stallone‚ Burt Reynolds‚ and Richard Gere; Gere being the front-runner. Even gathering from this‚ Detective McClane being a big and muscular man was probably not even decided from the beginning. However‚ looking at this movie that was made over 23 years ago‚ it is inconceivable to have someone other than Bruce playing McClane‚ it became a well-suited role for him.
Which part of McClane‚ you ask? The way he talks. It isn’t exaggerated‚ nor gloomy; it is a voice with feeling although the face is sulky‚ a subdued tone as if talking to oneself. Although he isn’t a pretty boy or macho‚ the expression of his rich voice strangely makes McClane sexy. Even when he talks with the baddies his tone of voice doesn’t change. He dares not to change it. Should his voice waver or turn‚ he would be a failure as a police officer. A competent detective who is passionate about work‚ at a glance he can spot fake police badges. The director conveys realism by not making McClane stand out.
For example‚ his use of guns. Disguised as a hostage‚ the terrorist group leader seeks protection from McClane. McClane pretends to be fooled and gives him a gun for self-protection. When McClane casually releases the safety switch‚ the way he touches the gun with trained hands is nice (this gun is actually unloaded). The nimble manner in which he runs barefoot across the shattered glass-covered floor increases the feeling of speed. This makes the last scene possible where he drags his shredded feet as he closes in on the bad guy.
It isn’t related to the story but when I saw the extravagant party at the Nakatomi Building and the line-up of Japanese executives‚ wasn’t there any strong emotion? At the time Japan was at the height of the bubble era. Oh gee‚ that is how they saw Japan‚ wasn’t it?

Pocket
LINEで送る