女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月30日

ダイ・ハード4.0(2007年) Die Hard 4.0(2007)

Pocket
LINEで送る

監督:レン・ワイズマン/Director: Len Wiseman
出演 ブルース・ウィリス、ジュスティン・ロング/Starring: Bruce Willis‚ Justin Long

どこまで行くのだ マクレーン

 2007年は洋画のヒット作が多かったが、なんといってもトップは「ハリー・ポッター 不死鳥の騎士団」だった。そして「スパイダーマン3」「トランスフォーマー」「バイオハザード」「パイレーツ・オブ・カビリアン/ワールド・エンド」「ナイトミュージアン」「オーシャンズ13」などの列強のあと、本作が続く。12年のブランクを思えば、いくら人気シリーズ再開とはいえ「マクレーン強し」…健闘といえるだろう▼マクレーンは勤続30年の、市警ベテラン刑事となったが、とうとう妻とは離婚、成長した娘は母親に似て気が強く、マクレーンはしょっちゅうエラソーに言われているが、それでも可愛いらしく、娘も反抗的ではあるものの、心のなかでは父を信頼している。アナログの見本みたいなマクレーンが、サイバーテロに巻き込まれる。テログループの首謀者から「デジタル時代の鳩時計」と言われたマクレーンが、その頭脳と筋肉を使ってどう立ち向かうか▼不正にネットワークに侵入するハッカーを利用して、テロリストが政府機関、公益企業、金融機関への侵入コードを入手した。ちょうどそのころマクレーンは上司から、ハッカーのファレル(ジャスティン・ロング)を、ワシントンDCまで連行する仕事を押し付けられる。ファレルのアパートを訪問したとたん、正体不明の敵から銃撃され、護送中はヘリコプターから掃射を浴びせられ、アタマにきた「世界一運の悪い男」は反撃を開始する▼さすがに12年も経過していると、武器も通信手段もなにもかも進化しているのに、あいかわらずマクレーンは拳銃一丁。おなじみベレッタM92から、p220アメリカンに変わったが、終盤では再びベレッタPx4に回帰。ところが敵はハイテク集団。襲撃がだんだん大掛かりになるのはやむをえないとしても、大型トレーラーとF―35戦闘機の対決など、マクレーンの年齢を考えれば、大活躍ですむ脚本ではないだろう、と思ってしまうが、もうここまでくれば乗りかかった船、なんだってやっちゃうのだ、知るものか▼噂によれば「5」が企画されているとか。棺桶までいく気か、マクレーン。考えられるのは「マクレーン宇宙に」か、これまた代表作となった「アルマゲドン」に捧げるオマージュとして、地底の追跡行で地にもぐるのか。ブルースよ、大丈夫か。走り込んでおこう。

How far will you go‚ McClane?

There were many Western film hits in 2007‚ with the indisputable top film being Harry Potter and the Order of the Pheonix. Then‚ Spiderman 3‚ Transformers‚ Biohazard III‚ Pirates of the Caribbean: At World’s End‚ Night at the Museum‚ and Oceans 13‚ and after these hard-hitters was this film. When thinking that there was a twelve year blank‚ it doesn’t matter how much you say it to be the revival of a popular series‚ strong McClane; this can be called a good fight.
McClane has become a veteran city detective after thirty years service. He and his wife are finally divorced‚ and his grown up daughter who is strong like her mother often talks back at him; but even then she is lovely. Although his daughter is in a rebellious stage‚ in her heart she trusts him. McClane‚ who is like a model of analogue‚ becomes caught up in cyber terrorism. The ringleader of the terrorist group says that he is the cuckoo clock of the digital era‚ but how will he face the group using his brains and brawn?
By using hackers to infiltrate networks illegally‚ the terrorists gain codes into government agencies‚ public services and financial institutions. Right at this time McClane is pressed by his boss to take hacker Farell (Justin Long) to Washington D.C.. As they arrive at Farell’s apartment‚ they are shot at by an unknown enemy and swept with fire from the convoy’s helicopter. The angered “unluckiest guy in the world” begins his counter attack.
Since it has been twelve years‚ despite advances in weapons‚ communication means and everything else‚ McClane still uses his single hand gun. From the familiar Beretta M92‚ it has changed to the American P220 but in the endgame it again returns as the Beretta Px4. The enemy however‚ are a highly technological group. Even as the assaults gradually become unavoidably large-scale‚ with battles like the large truck against the F-35 fighter jet and so on‚ if you think about McClane’s age‚ this isn’t a script that he can get by actively- but when you think that‚ he has come this far‚ jumped down onto boats‚ he can do anything‚ who are you to ask.
According to the rumours‚ the fifth installment of the series is in the works. Do you plan to take it to your grave‚ McClane? Can we think of it as “McClane in Space”? Or as another homage to one of his representative films Armageddon‚ going underground? Bruce‚ are you alright? Keep running.

Pocket
LINEで送る