女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

あの日の子育て日記 こままごと

2018年1月6日

あの日の子育て日記 こままごと Vol.1 妊娠

Pocket
LINEで送る

子育てDiary gift ~20+α年分の親心~」の原点ともいうべき思い出の数々をつづった「あの日の子育て日記 こままごと」。妊娠した瞬間から「子」と「ママ」の出来「ごと」にあふれたものになるーそれが、「こままごと」と名付けた理由です。その中に、「おままごと」遊びをした時に味わったような楽しさやあったかさも描けたらいいな、との想いもありました。これから子育てする方も、すっかり子育てを卒業した方も、一緒に成長を見守っていただければ幸いです。

あの日の子育て日記 こままごと Vol.1 妊娠

初めて味わう感動! 早くも母性?

 

「おめでたです」

 

先生からそう聞かされた時、どれほど嬉しかったことか…。

 

実はこの日は、偶然にもバレンタインデー!

来るものが来ずおかしいな、との思いから産院を訪ねたので、「もしかして…」という予感はゼロではありませんでした。でも、実際に診察結果を聞かされると、全身鳥肌が立つくらいの感動でした。まさに愛情たっぷりの「プレゼント」ですよね。

 

嬉しいし、なんだか不思議で、ちょっぴり怖くもあるけれど、頑張らなきゃ!という強い気持ちも湧いてくる! これって、早くも「母性」かしら?

 

産院の帰り、実家に寄り、真っ先に母に報告しました。

年の離れた兄にはすでに2人の子どもがいたので母にとって「初孫」ではないのですが、「娘の子はかわいい」と言われる通りだったのか、孫たちがすでに小学生で久しぶりの「赤ちゃん」だったからなのか、「孫慣れ」しているだろう母もすごく喜んでくれました。

 

今のように携帯電話もメールもない時代だし、だからと言って職場に電話するのも気が引け、夫への報告は帰宅を待ってから。

この日ほど夫の帰りが待ち遠しかったことはありません。

(何年も経つと、帰りが遅い方が気楽と思う日も来るんですけどね(笑))

子からママへのメッセージ

「ママへ

ママとパパを選んでやってきたんだよ。

お腹の中の息子or娘より」

「あの日の子育て日記 こままごと」 バックナンバー

Vol.0  プロローグ

Pocket
LINEで送る