女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

あの日の子育て日記 こままごと

2018年6月2日

あの日の子育て日記 こままごと  Vol.22 沐浴

 

 「子育てDiary gift ~20+α年分の親心~」の原点ともいうべき思い出の数々をつづった「あの日の子育て日記 こままごと」。妊娠した瞬間から「子」と「ママ」の出来「ごと」にあふれたものになるーそれが、「こままごと」と名付けた理由です。その中に、「おままごと」遊びをした時に味わったような楽しさやあったかさも描けたらいいな、との想いもありました。これから子育てする方も、すっかり子育てを卒業した方も、一緒に成長を見守っていただければ幸いです。

あの日の子育て日記 こままごと   Vol.22 沐浴 

退院後はプロがお世話!? 助産師さんには感謝です。

 

退院後は、しばらく実家のお世話になっていました。

すぐ近所に助産師さんがおられたので、お願いして1週間ほど毎日沐浴をさせに家まで通ってもらっていました。この話を成長した娘にすると、「プロに入れてもらっていたなんて、お嬢様みたいやん!」と驚いていましたが、いいえ、実際はごくごく庶民です(笑)。

 

実はこの助産師さん、私が産まれた時に取り上げてくださった助産師さんなんです。自分がお世話になった助産師さんだというご縁と安心感、そして歩いて約5分という近所にいてくださった、ということもあり、自宅まで来ていただきました。助産師さんに通ってもらっている間にマンツーマンでお風呂の入れ方を学び、母乳の出が良すぎてすぐ張ってしまう胸をマッサージしてもらったりもしていました。

 

退院後もプロのサポートが受けられた私は恵まれていましたよね。

子からママへのメッセージ

 

「ママへ

近くに助産師さんがいてよかったね。

娘より」